#main-contents

就労移行センターFlatの評判とは?メリット・デメリットも徹底解説!

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は就労移行センターFlatの評判や特徴について幅広く紹介していきます。

 

就労移行センターFlatは広島県広島市にある就労移行支援事業所です。比較的マイナーな事業所に当たるので、どのような特徴を持つのか気になる人も多いでしょう。

 

そこでこの記事では、就労移行センターFlatの評判やメリット・デメリットを紹介していきます。就労移行センターFlatについて知りたい人はぜひ確認してみてください。

 

 

 

広島エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

広島でおすすめの就労移行支援事業所を選ぶなら「ディーキャリア広島」がおすすめ。発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

本サイトでは、そのほかの事業所もまとめています。


就労移行センターFlatの評判

 

 

就労移行センターFlatの評判を2022年1月現在で調査したところ、特に口コミはありませんでした。

 

そもそも就労移行センターFlatは2013年4月に就労移行支援事業所を展開しましたが、そこまで規模の大きな就労移行支援ではありません。

 

一人ひとりに寄り添ったサービスを心がけているので、その分利用者が多くないのでしょう。

 

残念ながら就労移行センターFlatには評判がないので、自分の目で直接確かめるしかありません。多くの就労移行支援では、本格利用の前に無料見学会を設けています。

 

就労移行センターFlatも事前に連絡すれば見学会に参加できるので、Flatが気になる場合は実際に体験してみましょう。自分で体験することで、就労移行センターFlatについてより深いところまで知ることができます。

 

就労移行センターFlatの評判がないのは残念ですが、無料見学会を催しているのはうれしいところです。まずは無料体験することから始めましょう。

 

 

就労移行センターFlatのメリット5選

 

 

就労移行センターFlatのメリットは以下の通りです。

 

  • 精神障害に特化している
  • 一人ひとりに合わせた訓練を受けられる
  • 現場主義のトレーニングを行える
  • 就労移行支援と生活支援を同時に受けられる
  • 就職後も手厚いサポートを受けられる

 

では5つのメリットについて詳しく紹介していきます。

 

 

メリット1.精神障害に特化している

 

 

就労移行センターFlatは精神障害がある人の就職を支援することを目的として2013年4月に事業を開始しました。精神障害に特化しているからこそ、より実のある支援を受けることができます。

 

一般的な就労移行支援はあらゆる障害を対象としているため、こちらのことを理解してくれないケースも珍しくありません。特に精神障害はほかの人にはわかりづらい悩みを抱えているので、悩みを相談しても共感してくれないこともあります。

 

一方で就労移行センターFlatは、約10年以上も精神障害を持つ人に対してサポートし続けています。精神障害に関する悩みやノウハウが深いので、悩みを相談すれば共感してくれて、的確なアドバイスをもらえるでしょう。

 

この精神障害を持つ人にとってなんでも気軽に話せる環境は、精神障害で悩む人にとっては利用しやすいです。現在、精神障害に関する悩みがある場合は思い切って相談してみましょう。

 

 

メリット2.一人ひとりに合わせた訓練を受けられる

 

 

就労移行センターFlatでは一人ひとりに寄り添った支援を行っています。その人の希望を聞いて、その人に合った支援方法を提案してくれるのが特徴です。一人ひとりのことを考えて支援してくれるのも、少数精鋭だからだと言えます。

 

利用者の多い就労移行支援はある程度支援の型が決まっているので、「発達障害を持つ人はこの訓練」と決まっていることもあります。

 

しかし、障害は同じ障害でも悩みや特徴が異なるケースも多いです。必ずしも発達障害者向けの訓練が発達障害を持つ人に合うとは限りません。

 

支援や訓練内容の不一致をなくすために、就労移行センターFlatでは最初に一人ひとりの話をしっかりと聞いてくれます。どのような仕事に就きたいのか、何に苦労しているかなどをカウンセリングして、その人に合った支援を行ってくれるので成長しやすいです。

 

一人ひとりに丁寧な対応ができるのも、利用者を絞っているからでしょう。より手厚く支援してほしい場合は就労移行センターFlatがぴったりです。

 

 

メリット3.現場主義のトレーニングを行える

 

 

就労移行センターFlatでは座学よりも現場で働くことを大切にしています。あくまで働くことに重点を置いているので、スピーディに就職することも可能です。

 

就労移行支援の訓練と言えば、勉強と実践的な訓練の2つに大きく分けられます。勉強では学校のように知識を習得し、実践的な訓練では社会で使えるコミュニケーション術を習得したり、内職で働いたりすることが多いです。

 

どちらの訓練も大切ですが、やはり知識だけでは社会で通用しません。豊富な知識を持っていても、それを現場で活かせなければ無意味です。

 

社会で働けるようにするために、就労移行センターFlatでは実践的な訓練を重視しています。訓練を通して社会で役立つスキルを身に付けながら、病状や体調と向き合っていくのが就労移行センターFlatのやり方です。

 

就労移行センターFlatでは、現場で活かせるスキルを学べるので、訓練していくうちに社会に出ても活躍できる人材に成長できるでしょう。

 

 

メリット4.就労移行支援と生活支援を同時に受けられる

 

 

就労移行センターFlatでは2019年1月から就労移行支援に合わせて、生活支援も行っています。生活支援も行っているので、日常的なことに対する悩みを相談することも可能です。

 

生活支援では主に以下のことをアドバイスしてもらえます。

 

  • 仕事をしながら安心して生活する方法
  • 規則正しい生活の送り方
  • 毎日働ける体力のつけ方

 

就労移行支援とは違って、日常生活の自己管理や健康維持に関することを相談できます。何か生活で困っていることがあれば相談してみましょう。

 

 

メリット5.就職後も手厚いサポートを受けられる

 

 

就労移行センターFlatでは就職後も継続してサポートしてもらえます。具体的な支援内容は以下の通りです。

 

  • 職場訪問
  • 自宅訪問
  • 転職・退職のサポート

 

実際に職場で働くと訓練で学んだことを発揮できないケースも多いですが、その場合は職員が職場訪問して上司と相談してくれます。定着支援が手厚いので、無理せず長期的に働けるでしょう。

 

就労移行センターFlatはサポートの手厚さが魅力です。一人ひとりに合ったサポートをしてくれるので、自分のペースで成長していけます。

 

 

就労移行センターFlatのデメリット2選

 

 

就労移行センターFlatのデメリットはこちらです。

 

  • 精神障害を持たない人は利用できない
  • ネットや公式サイトから得られる情報が少ない

 

では2つのデメリットについて詳しく紹介していきます。

 

 

デメリット1.精神障害を持たない人は利用できない

 

 

就労移行センターFlatは精神障害に特化しているので、それ以外の障害を持つ人は利用できません。具体的に言うと以下の障害を持っている人だけが利用できます。

 

  • 依存症
  • うつ病
  • 強迫性障害摂食障
  • 害双極性障害(躁うつ病)
  • てんかん
  • 統合失調症認知症
  • パーソナリティー障害
  • 発達障害
  • パニック障害・不安障害
  • PTSD

 

上記以外の障害は基本的に対象外なので気を付けましょう。

 

 

デメリット2.ネットや公式サイトから得られる情報が少ない

 

 

就労移行センターFlatはホームページを構えていますが、全体的に情報が薄いです。サービスに関する情報やアクセス、スタッフなど最低限の情報は記載されています。

 

しかし、利用することを検討している人が知りたいであろう情報がありません。たとえば、実際に利用者が訓練している様子の写真や活動記録がないので、実態を把握しづらいです。

 

就労移行センターFlatの具体的なサポート内容を知りたい場合は、実際に見学するしかないので気を付けましょう。

 

 

就労移行センターFlatの利用方法

 

 

就労移行センターFlatを利用する場合は以下の手順で進んでいきます。

 

  1. 無料見学会に申し込む
  2. 就労移行センターFlatの事業所に行く
  3. 体験を通して利用したいと感じた場合は申し込む
  4. 自治体で障害福祉サービス受給者証を申請する
  5. 書類がそろったらFlatへ通所する

 

まず電話かメールのいずれかで無料見学会に申し込みましょう。

 

  • 電話番号:082-221-6417
  • メールアドレス:flat@flat-style.jp

 

上記の連絡先に無料見学会をしたいと伝えると手配してもらえます。

 

見学会の日が訪れたら事業所へ向かいましょう。事業所の場所は以下の通りです。

 

  • 〒730-0016
  • 広島市中区幟町3番57号中特会館ビル4階

 

見学を通して利用したいと感じた場合は、そのままスタッフに話をします。しかし、申し込んでもすぐ利用できません。

 

就労移行支援に通うためには、自治体が発行する障害福祉サービス受給者証が必要です。受給証書は発行に1か月以上かかるので、なるべく早めに手続きしておきましょう。

 

書類がそろったら就労移行センターFlatを利用できるので、手続きを進めていきます。利用手続きが完了した後は、カウンセリングで決めた訓練内容に沿って就職を目指しましょう。

 

就労移行センターFlatは少しわかりづらいところに事業所を構えています。道に迷った場合は遠慮せずスタッフの人に連絡しましょう。

 

 

発達障害には「ディーキャリア」がおすすめ

 

 

就労移行センターFlatは精神障害に特化した就労移行支援ですが、まだまだ実績が豊富とは言えません。ホームページを見ても実績が未公開なので、少し心配に感じるでしょう。

 

過去の実績で就労移行支援を選ぶなら、発達障害を専門にしているディーキャリアがおすすめです。ディーキャリアのホームページでは以下の実績が公開されています。

 

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)

 

中でも職場定着率の数字は優秀です。職場定着率が高いということは、就職した人が退職せずに働き続けていることを意味します。多くの人が長期就労を実現しているので、安定した生活を手に入れたい人にはぴったりです。

 

ディーキャリアも無料見学会を実施しています。興味がある場合は公式サイトから問い合わせましょう。

 

 

まとめ

 

 

就労移行センターFlatの評判やメリット・デメリットについて紹介してきました。

 

残念ながら就労移行センターFlatの評判はありませんでしたが、一人ひとりに合わせた支援が大きな魅力です。その人に合った支援を受けられるので、着実に成長していけます。

 

就労移行センターFlatの支援内容が気になる場合は、実際に事業所を訪れてスタッフの話を聞いてみましょう。自分の目で確認することで、本当に就労移行センターFlatが自分に合った就労移行支援なのか判断できます。

広島エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

広島エリアで事業所を探していてる方に向けて、広島県でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア広島」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー