#main-contents

発達障害の就職が難しい5つの理由とは?円滑に就職を進めるコツも紹介!

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は発達障害の就職が難しいという課題について解説していきます。

 

「発達障害は就職が難しいって聞いたけど本当なの?」「発達障害を持っていてなかなか就職できない」と悩む人もいるでしょう。

 

発達障害には得手不得手があるので就職が難しいと言われることもあります。発達障害を持っている人からすると気になる評判でしょう。

 

結論を言うと、発達障害でもやり方次第で問題なく就職できるので安心してください。

 

この記事では、発達障害の就職が難しい5つの理由を紹介していきます。発達障害を持つ人がスムーズに就職するための秘訣も解説しているので参考にしてください。

 

 

 

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を選ぶなら「ディーキャリア天王寺」がおすすめ。発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

本サイトでは、そのほかの事業所もまとめています。

また、公式LINEでは就労移行支援に関する情報もお届けしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 


発達障害の就職が難しいと言われる理由

 

 

発達障害の就職が難しいと言われる理由は以下の通りです。

 

  • 体調が不安定になりやすい
  • 人間関係の構築が苦手な人が多い
  • 企業側が障害者への配慮を理解していない
  • ストレスをためやすい
  • 発達障害者の雇用数が少ない

 

では5つの理由を深掘りしていきましょう。

 

 

理由1.体調が不安定になりやすい

 

 

発達障害を持つ人の中には、体調が安定しない人も多いです。昨日は問題なく働けていたのに、今日は思い通りに体が動かないことも珍しくありません。

 

体調が安定しないのは仕方ないところでもありますが、会社にとって安定して働けない人は扱いづらいです。仮に出社できないとなると、代わりの人を入れる必要があるので、企業にも柔軟な体制が求められます。

 

しかし、企業は組織なので柔軟に行動できないことも多いです。そのため発達障害というだけで入社を断られることもあります。

 

 

理由2.人間関係の構築が苦手な人が多い

 

 

発達障害の中にはコミュニケーションが苦手なタイプもいます。会社ではコミュニケーションを取ることが必須で、面接の際にコミュニケーション能力を見ているケースも多いです。

 

しかし、スムーズに会話するのが苦手な発達障害の場合は、面接でうまく自分のことを表現できません。自分なりに会話しているつもりでも、相手からすると要領を得ないと評価されることもあります。

 

面接で自分のことを知ってもらえないと面接の段階で落とされる可能性が高いです。

 

 

理由3.企業側が障害者への配慮を理解していない

 

 

最近では障害を持つ人の社会参画が進行していますが、全体的に見るとまだまだです。そのため発達障害に理解のない企業もたくさんあります。

 

発達障害の特性を理解していない企業だと、障害のある人に対してどのように配慮すれば良いのかわかりません。

 

特に今まで障害者を雇ったことがない企業の場合は、前例がないのでなかなか採用されづらいです。

 

 

理由4.ストレスをためやすい

 

 

発達障害を持つ人は思うように働けないことも多く、ストレスがたまりやすいです。

 

ストレスがたまる原因はいろいろありますが、就職がうまくいかないとストレスもたまります。就活でたまったストレスを上手に発散できないと、就活の途中で倒れてしまうこともあるでしょう。

 

 

理由5.発達障害者の雇用数が少ない

 

 

日本企業全体で見ると、発達障害を持つ人の雇用はあまり活発的に実施されていません。「平成30年度障害者雇用実態調査」を見ると、年間で39,000人しか雇われていないという結果が出ています。

 

発達障害の採用はとても多いとは言えないのが現状です。そのデータを知った人が「発達障害は就職が難しい」と勝手に感じていることもあります。

 

発達障害の就職が難しいと言われる理由を見ると、会社の理解度と個人の特性が大きく関係していると言えるでしょう。

 

 

発達障害が円滑に就職する方法

 

 

発達障害の就職は難しいと言われることもありますが、以下の方法を取り入れると採用率が上がります。

 

  • 自分が持つ障害の特性を正確に把握する
  • 障害の特徴を面接時に伝えておく
  • 障害者雇用枠で就職する
  • 就労移行支援を頼る

 

続いて4つの方法を詳しく紹介していきます。

 

 

方法1.自分が持つ障害の特性を正確に把握する

 

 

発達障害がある人は、まず自分が持つ障害の特性を正確に把握しましょう。

 

ひとえに発達障害といっても、人によって特性が異なります。会話が苦手な人もいれば、ジッとしているのが苦手な人もいるのが発達障害です。

 

いろいろ試して自分は何ができて、何ができないのか明確に把握しましょう。自分の特性を分かったうえで就職に臨むと成功しやすいです。

 

 

方法2.障害の特徴を面接時に伝えておく

 

 

自分の障害について把握したあとは、面接の際に採用担当者へ伝えましょう。自分の特徴を会社にわかってもらうことで、採用後のギャップを減らせます。

 

会社としても事前に何ができるのか把握しておけば、障害のある人が会社で働くイメージを持ちやすいです。イメージした結果、問題なく働けると判断されれば採用される可能性があります。

 

自分の特性を伝える際は、より具体的に話すと企業としても想像しやすいです。何ができるのかわからない場合は実際に試してみて、面接時はエピソードをのせて話すと説得力が増します。

 

 

方法3.障害者雇用枠で就職する

 

 

発達障害を持つ人は、一般雇用枠ではなく障害者雇用枠を利用するのもおすすめです。

 

障害者雇用枠とは、障害者向けの雇用枠です。障害のない人が利用する一般雇用枠と違って、障害のある人しか応募しません。

 

障害者雇用枠であれば、障害の配慮を得られるので働きやすさを確保しやすいです。そのうえ、ライバルも減るので一般枠より採用率も上がります。

 

ただ、障害者雇用枠には以下のデメリットがあります。

 

  • 給料が安い(月収10~20万円)
  • 仕事が単調になりやすい(データ入力や事務職など)
  • 企業から配慮をもらえないこともある

 

障害雇用枠は必ずしも良いとは言えないので、よく考えてから利用しましょう。

 

 

方法4.就労移行支援を頼る

 

 

ひとりで就職を進めるのが困難な場合は、就労移行支援を利用しましょう。

 

就労移行支援では、障害のある人が一般企業へ就職するために訓練を行っています。現状、障害に関して不安がある場合でも、訓練で克服法を学べば一般雇用枠での就職は可能です。

 

また、就労移行支援では就職サポートも受けられます。訓練で働く力を身に付けたあとは、そのままサポートをもらいながら就職活動できるので心強いです。

 

「なかなか就職できない」「一般企業で働いていく自信がない」という人は就労移行支援を利用してみてください。

 

発達障害者が就職を成功させる方法はいくつかありますが、入社後に苦労したくない場合は就労移行支援で働く力を身に付けておくのがおすすめです。

 

 

発達障害を持つ人は就労移行支援「ディーキャリア」がおすすめ

 

 

発達障害を持っている人にはディーキャリアがおすすめです。ディーキャリアは発達障害に特化してサポートを実施しています。発達障害だけに専念していることから実績が豊富です。

 

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)

 

ディーキャリアは発達障害のノウハウが深く、その指導能力の高さが数字に出ています。

 

中でも職場定着率の高さは優秀です。ディーキャリアを利用した9割の人が6か月以上働くことに成功しています。長期就労を目指している人にとっては魅力的な実績でしょう。

 

ディーキャリアでは無料体験も募集しているので、まずは事業所を訪問してみてください。

 

 

発達障害の人に向いている仕事一覧

 

 

発達障害に向いている仕事を3つの症状に分けて解説していきます。どのような仕事に就くのか悩んでいる場合は参考にしてください。

 

 

自閉スペクトラム症(ASD)に向いている仕事

 

 

自閉スペクトラム症(ASD)とは、正常な社会的関係の構築を苦手とする発達障害です。コミュニケーションを取るのが苦手な傾向にあります。

 

その一方で関心の高い分野なら集中力を発揮できる長所もあります。ほかにも論理的思考が得意なケースも多いのがASDの特徴です。

 

ASDの特徴を踏まえると、以下のような仕事に向いています。

 

  • ライン作業
  • 清掃
  • 軽作業
  • 経理
  • 法務
  • プログラマー
  • CADオペレーター

 

ASDの人はコミュニケーションが得意でないケースが多いので、会話が発生しない仕事は向いています。中でもプログラマーのような専門性を発揮できる仕事は、相性が良ければ能力を発揮しやすいです。

 

 

注意欠如・多動症(ADHD)に向いている仕事

 

 

注意欠如・多動症(ADHD)とは、3つの側面を持つ発達障害です。

 

  • 不注意:集中力を維持するのが苦手
  • 多動性:ジッとしていることが苦手
  • 衝動性:反射的に行動してしまう

 

短所だけを見ると向いている仕事がないように見えますが、ADHDは好奇心が強い傾向にあります。さらに、興味があることに関しては人一倍の集中力を発揮するのが特徴です。

 

ADHDの特徴を踏まえると以下の仕事が向いています。

 

  • プログラマー
  • デザイナー
  • 研究職
  • スタイリスト
  • 作家

 

ADHDはクリエイティブ職の仕事がおすすめです。得意ジャンルであれば独自の感性を発揮して、ほかの人にマネできないものを作ることもあります。

 

 

学習障害(LD)に向いている仕事

 

 

学習障害(LD)とは、特定ジャンルの学習が難しいと感じる発達障害です。大学を卒業しているにもかかわらず、小学生向けの算数ができないといった特徴を持っています。

 

基礎的なスキルが低い傾向にあるLDですが、それ以外の部分に関しては異常が見られないケースも多いです。そのためツールを導入すると問題なく働けます。

 

たとえば、文字を読むのが苦手な場合は読み上げ機能、計算が苦手な場合は計算機を利用すれば問題ありません。

 

LDの場合は人によって能力が大きく異なるので、自分の能力に合わせて仕事を選びましょう。

 

今回紹介した仕事はあくまで一例です。向いていない仕事でも好きであれば働けることもあるので、仕事の関心度と障害の特性を比べながら探しましょう。

 

 

まとめ

 

 

発達障害の就職が難しいと言われる理由や対処法を紹介してきました。

 

発達障害は会社の理解を得られなかったり、できることが限られたりするので就職が難しいと言われています。

 

ただ、自分が持つ障害の特性を把握し、会社に説明できれば採用を勝ち取ることも十分に可能です。

 

もし障害の特性がわからない場合や、障害の対処法を知りたい場合は就労移行支援の手を借りましょう。

 

就労移行支援では障害関連のサポートや就職サポートを利用できます。まずは障害の対処法や働く力を身に付け、その後はサポートを受けながら就職を目指せるので無駄がありません。

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪エリアで事業所を探していてる方に向けて、大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア天王寺」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー