#main-contents

発達障害者が人間不信に陥るケースや5つの対処法を徹底解説!

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は発達障害の人が陥る可能性がある人間不信について解説していきます。

 

「人のことを簡単に信じられない」と悩む方も少なくありません。人間不信はだれでも発症する可能性がありますが、発達障害を持つ人はとある特性によって人間不信になることもあります。

 

この記事では、発達障害が人間不信になる3つのケースを解説していきます。今すぐ実践できる5つの克服方法も取り上げているので参考にしてください。

 

 

 

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を選ぶなら「ディーキャリア天王寺」がおすすめ。発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

本サイトでは、そのほかの事業所もまとめています。

また、公式LINEでは就労移行支援に関する情報もお届けしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 


人間不信とは「他人を信じられない状態」のこと

 

 

人間不信とは、過去の大きなトラブルが原因となって人間を信じられない状態にある人のことを指します。一度人間不信になってしまうと回復するのに時間がかかり、当分の間は完全に人を信用することができません。

 

人間不信になる原因は人によって異なります。たとえば以下のようなことが起こると人間不信になりやすいです。

 

  • 人を試すようなことをしてしまう
  • 信頼する人から裏切られた
  • 過去のトラウマによるもの
  • 過去に人間関係で失敗した
  • 大失恋をしたことがある

 

一概に何が原因で人間不信になるとは言えませんが、いずれにせよ過去に痛い失敗をした場合は人間不信になりやすいです。

 

人間不信になると主に精神に症状があらわれて、悪化すると大きな精神疾患につながることもあります。

 

  • 社会不安障害:人前で注目を集めたり恥をかいたりすることに対して極端に不安を感じる精神疾患
  • 妄想性パーソナリティー障害:人の行動が有毒性のあるものだととらえてしまい、根拠のない疑いを向けてしまう精神疾患
  • 複雑性PTSD:暴力やいじめなどの恐怖を長期的に繰り返すことで発症する精神疾患

 

精神疾患になると回復まで時間を要するので、早い段階で対処法や治療を施すことが大切です。

 

人間不信は決して甘くない症状なので、しっかりと向き合って克服していきましょう。

 

 

発達障害者が人間不信になるケース

 

 

人間不信はどのような人でも発症する可能性がありますが、発達障害の方が人間不信に陥ることもあります。特に以下のケースに当てはまる発達障害者は人間不信に陥りやすいです。

 

  • 人との関わりを避けている
  • 感情表現を苦手としている
  • その場の空気を読めない

 

続いて3つのケースを詳しく解説していきます。

 

 

ケース1.人との関わりを避けている

 

 

他人を信用できない人は、人と関わることを恐れているので浅い人付き合いしかできません。

 

仮に周囲の人が親身に接してくれても、「何か裏があるのではないか」と疑って自分から好意を向けるのが困難です。結果的にひとりでいることを選んでしまいます。

 

また、人とのかかわりを避けがちな人は、症状が悪化すると自分のことですら信じられなくなります。自分のことを信じられない状態は危険なので、一刻も早く対処することが大切です。

 

 

ケース2.感情表現を苦手としている

 

 

発達障害を持つ人の中には感情表現を不得意とする人もいます。特に自閉症スペクトラム障害(ASD)の人は感情表現が苦手です。

 

感情表現が苦手だと素の自分を見せるのが怖くなってしまいます。「素の自分を見せて変に思われたらどうしよう」「自分のせいで空気を悪くしたら嫌だな」と考えてしまいがちです。

 

一度マイナス思考になると払しょくするのは難しく、より感情表現が乏しくなってしまいます。

 

 

ケース3.その場の空気を読めない

 

 

発達障害者の中には場の空気を読むのが苦手な人もいます。コミュニケーションが苦手な人や現状をつかめない人に多いケースです。

 

場の空気を読めないと、空気を冷めさせるような行動を取ってしまう可能性もあります。自分のせいで雰囲気が悪くなると、自分のことを信じられなくなるでしょう。

 

過去の手痛い失敗から発言を控えるようになり、そのまま人間不信になるケースもあります。

 

発達障害がある人は障害の特性が原因となって人間不信になりやすいので、しっかりと対処する必要があります。

 

 

発達障害者の人間不信を克服する方法

 

 

発達障害の人が人間不信を克服する方法は以下の通りです。

 

  • 人と接する機会を少しずつ増やしていく
  • 周囲に期待を持ちすぎない
  • 環境をガラッと変える
  • 自分の心を相手に開く
  • 障害者機関を頼る

 

上記の対処法を実践すれば症状が改善されるでしょう。中でも障害者期間を頼るのはおすすめの方法です。

 

では5つの対処法を具体的に解説していきます。

 

 

方法1.人と接する機会を少しずつ増やしていく

 

 

人間不信はすぐ解決できる問題ではありませんが、人とのかかわり方を変えることで徐々に解消されていきます。たとえば以下の行動は人間不信の克服におすすめです。

 

  • 人のいいところを見つける
  • 日常的な挨拶をしっかりとりする
  • 相手が助かる気遣いをしてあげる

 

上記のような良い行動をしていると、相手からの信頼を勝ち取れます。相手から信頼されると自分の心も開きやすくなるので、そのまま人間不信を克服することも可能です。

 

いきなり他人と良い関係を築くのはレベルが高いので、まずは自分の中でも信頼できる人に対して実践してみましょう。

 

 

方法2.周囲に期待を持ちすぎない

 

 

人間不信は相手に期待しないことで心身の負担が軽減されます。人に期待しすぎると実現しなかったときの反動が大きく、人間不信が悪化する可能性もあります。

 

たとえば「自分が困っていたら誰かが助けてくれるだろう」といった過度な期待は自分を苦しめるだけです。そのうえ周りを頼りすぎると自分の成長も止まります。

 

期待を持ちすぎるのはデメリットが多いので、人とは程よい距離感を保つことが大切です。期待の度合いを少なくすることで余計に傷つくリスクを減らしながら、良い人間関係を築きましょう。

 

 

方法3.環境をガラッと変える

 

 

今の環境が苦しいなら思い切って環境を変えるのもおすすめです。環境さえ変われば人間関係も新しくなって、再スタートを切ることができます。

 

また、人間不信には自分が悪くないケースも珍しくありません。たとえば上司から高圧的な態度を取られ続けると、どのような人でも人間不信になってしまいます。悪質な労働環境で人間不信になった場合は、環境を変えることで改善されるでしょう。

 

ただ、なぜ人間不信になったのか明らかにしておかないと、同じミスを繰り返すこともあります。環境を変える際は自分がなぜ人間不信になったのか振り返り、新天地で活かしましょう。

 

 

方法4.自分の心を相手に開く

 

 

相手から信頼してもらうためには、自分の心を開くことも大切です。自分をさらけ出すのは抵抗を感じるかもしれませんが、自分から行動しないとなかなか改善の兆しは見えません。

 

相手からのアクションを待っているだけでは何も変わらないので、小さいことからでも相手に見せていきましょう。もし相手に見せられるものがないときは、自分を認めることから始めてください。

 

人間不信が深刻化すると自分のことですら信じられなくなりますが、まずは自己肯定感を高めましょう。「今日もよくがんばった」と自分をほめることで、気持ちが明るくなります。自己肯定感が増すと相手に見せられるものも出てくるでしょう。

 

 

方法5.障害者機関を頼る

 

 

人間不信を解消できない場合は、医療機関や障害者向けの施設を利用するのがおすすめです。

 

症状が悪化していると自分だけでの克服が困難となります。ほかにも、間違った方法で人間不信を対処すると、症状が悪化する危険性もゼロではありません。

 

より的確に症状を把握して克服するなら、プロに頼るのがもっとも手っ取り早いです。プロへ相談することで相談相手もできるので、それだけで気持ちがグッと軽くなります。

 

「人間不信なんてとてもひとりでは手に負えない」という場合は、障害者向けの施設へ相談してみましょう。障害者向けの施設はさまざまなものがありますが、中でも就労移行支援がおすすめです。

 

就労移行支援では障害を持つ人が一般企業で働けるようにサポートを実施しています。障害のことに詳しい人たちが集まっているので、相談することで良いアドバイスをもらえるでしょう。

 

就労移行支援では障害理解や就職サポートも行っているので、社会に出て自分らしく働きたい人には特におすすめです。

 

 

発達障害の人間不信克服は「ディーキャリア」を利用しよう

 

 

発達障害の人間不信を克服するならディーキャリアを利用するのもおすすめです。ディーキャリアは発達障害に特化して支援している就労移行支援事業所です。発達障害者にとっては、ほかの就労移行支援より手厚いサポートを受けることができます。

 

ディーキャリアは就労移行支援事業所として優秀で、以下の実績を出しています。

 

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)

 

中でも職場定着率の高さが優れています。定着率が9割を超えているので、ディーキャリアを利用した大部分の人が6か月以上働いている計算になります。長期就労を目指す人にとっては頼もしい数値でしょう。

 

ディーキャリアは全国に80店以上の事業所を構えていて、利用者数も多いです。過去には人間不信に陥った発達障害者をサポートしたこともあるでしょう。「人のことを信じられない」という発達障害者は一度ディーキャリアに相談してみてください。

 

ディーキャリアではそれぞれの事業所で無料見学を実施しているので、まずは事業所を見学してみましょう。

 

 

まとめ

 

 

発達障害者が人間不信にあるケースや克服方法を紹介してきました。

 

発達障害のある人は感情表現が苦手だったり、周囲の空気を読むのが苦手だったりする特性を持っています。そのため周囲にうまくなじめず、人間不信になることも珍しくありません。

 

一度人間不信になると回復するのは時間がかかりますが、自分のことを褒めて周囲に心を開いていけば改善します。

 

ひとりで解決できないと感じた場合は、就労移行支援事業所のような専門機関を頼るのがおすすめです。専門機関には障害のプロフェッショナルがいるので、自分の症状に合った対処法を教えもらえるでしょう。

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪エリアで事業所を探していてる方に向けて、大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア天王寺」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー