#main-contents

コミュニケーションが苦手な人は大人の発達障害かも【5つの対処法付きで解説】

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回はコミュニケーションを苦手とすることが多い「大人の発達障害」について紹介していきます。

 

会社で働いていると「人とのコミュニケーションがうまくいかない」と悩む人も多いです。会話が成立しないと人間関係が深まりづらく、場合によっては仕事にも支障をきたします。

 

生きていくうえで重要なコミュニケーションですが、極端に会話が得意でない人は大人の発達障害かもしれません。

 

この記事では、大人の発達障害とは何なのかを紹介していきます。コミュニケーションが苦手な場合の対処法も解説するので実践してみてください。

 

 

 

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を選ぶなら「ディーキャリア天王寺」がおすすめ。発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

本サイトでは、そのほかの事業所もまとめています。

また、公式LINEでは就労移行支援に関する情報もお届けしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 


大人の発達障害とは「日常的な動作に制限がかかる障害」のこと

 

 

そもそも発達障害とは、先天性の脳機能障害によって認知や行動などに問題が生じ、日常生活に困難が発生する状態です。先天性によるものなので、基本的に子どもの頃に発現します。

 

しかし、子ども時代だと何とか対応できるケースも多く、顕在化しないことも多いです。大人になってより高度なコミュニケーションが必要になると対応できず、そこで発達障害だと認識することもあります。これが大人の発達障害と呼ばれるものです。

 

大人の発達障害の場合は診断されるまで長期にわたって失敗を繰り返し、うつや不安障害につながることもあります。そのためいかに早く対処していくのかが重要です。

 

知らず知らずのうちに発症することもある大人の発達障害は、一般的に以下の3種類に分けられます。

 

  • 自閉症スペクトラム障害(ASD)
  • 注意欠如・多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)の特徴

 

これらはすべて発達障害に当たりますが、それぞれ障害の特徴が異なるので注意が必要です。

 

大人の発達障害は重症につながることもあるので、まずは自分の症状をしっかりと確認しましょう。

 

 

大人の発達障害はコミュニケーションが苦手以外にも特徴がある

 

 

大人の発達障害を持つ人の中にはコミュニケーションを苦手とする人も多いですが、それ以外にも特定の障害を持っていることがあります。ではどのような特徴を持っていると発達障害にあたるのか、3つの発達障害に分けて見ていきましょう。

 

 

自閉症スペクトラム障害(ASD)の特徴

 

 

自閉症スペクトラム障害は臨機応変に対人関係を築くのが難しく、自分の関心やペースを優先する傾向があります。たとえば、以下の項目に当てはまるとASDの可能性が高いです。

 

  • 円滑なコミュニケーションが難しく、すぐ会話が途切れてしまう
  • 相手の気持ちを察するのが難しい
  • 空気を読めない
  • 感じたことを口にしてしまう
  • 急に予定が変わると混乱する
  • 「いつもより少し早めに作業を始めて」といった曖昧な指示が理解できない

 

上記の項目に多くあてはまると、自閉症スペクトラム障害の可能性は高くなります。中にはコミュニケーションの項目もあるので、人との会話が極端に苦手な人はASDかもしれません。

 

 

注意欠如・多動性障害(ADHD)の特徴

 

 

注意欠如・多動性障害は不注意なミスが続いたり、約束を忘れたりするのが大きな特徴です。たとえば以下のような特徴があります。

 

  • 注意が散漫になりやすい
  • 物事を忘れっぽい
  • 順序だてて作業するのが得意ではない
  • 落ち着きがないとよく言われる
  • ちょっとしたことでカッとなってしまう
  • よく考えずに行動することが多い
  • つい人の話に割り込んでしまう

 

ADHDに多いのがミスをよくする、落ち着きがないと言った特徴です。「なんだか人よりミスが多い気がする」という人は、ADHDによるミスの可能性も考えられます。

 

 

学習障害(LD)の特徴

 

 

学習障害は聞く・話す・計算するといった基礎的な能力が極端に苦手な症状です。現れ方は人によって異なりますが、主に以下のような障害が発生します。

 

  • 単語をまとまりで認識できない
  • 活字を読んでいると文字や行を飛ばすことが多い
  • 漢字のかたちを正しくとらえられない
  • 暗算ができない
  • 加減乗除の計算ができない

 

学習障害の場合は知的発達に問題はないが、ささいなことができないケースが多いです。たとえば大学を卒業しているのに、小学生の計算ができない場合は、学習障害の可能性が考えられます。

 

大人の発達障害の特徴を紹介しましたが、自分だけで判断するのは難しいので、少しでも不安を感じたら専門機関を受診しましょう。

 

 

コミュニケーションが苦手な大人の発達障害の対処法

 

 

大人の発達障害の中でもコミュニケーションが苦手な場合は以下の対処法を取りましょう。

 

  • 話を聞いた後に内容を振り返る
  • 曖昧なところは聞き返す
  • メモやノートに会話の内容を写す
  • 自分から話す必要がない場合は聞き役に徹する
  • 医療機関や就労移行支援に頼る

 

では5つの対処法を順番に見ていきましょう。

 

 

対処法1.話を聞いた後に内容を振り返る

 

 

話をしっかりと理解できているか不安な場合は、会話が終わったあとに自分で振り返ってみましょう。内容を振り返ることで、話の中身を本当に理解していたのかどうかわかります。

 

もしわからないところがあった場合は、もう一度聞き直しましょう。曖昧なまま会話を進めると話の流れをつかめなくなるので、仕事の場合はミスにつながってしまいます。

 

また、相手に話を聞き返す際は「~ということでよろしいですか」と聞くのがおすすめです。確認の意味を込めて聞き返すと相手の負担が減り、イライラさせることを防げます。

 

 

対処法2.曖昧なところは聞き返す

 

 

大人の発達障害を持っていない人は、会話の中に指示語を出すことも多いです。たとえば、会話の途中に「あれ」や「それ」と言われても、何を意味するのかわからないでしょう。

 

人によって感覚や捉え方が異なる言葉はトラブルにつながることもあります。ミスやトラブルを未然に防ぐためにも、曖昧な言葉を使われた際は必ず意味を確認しておきましょう。

 

対処法3.メモやノートに会話の内容を写す

 

 

大人の発達障害を持つ人は、メモやノートに会話の内容を書いて視覚化するのもおすすめです。文字にすることで会話の中身を把握しやすくなり、忘れることも防げます。

 

メモする際は場所や日時、数量などすべて記入することが大切です。もしメモしきれなかった場合は「申し訳ございません。ちょっとお待ちください」と一声かけておきましょう。

 

相手のテンポを狂わせるのは心が痛みますが、それでも確実に会話をメモすることが大切です。

 

また、メモを取るときはあとから見て内容を把握できるようにする必要があります。適当に書いてしまうとメモの意味もなくなるので注意しましょう。メモが遅れてしまう場合は、あらかじめテンプレートを作成して、空白を埋めるだけの状態にしておくのもおすすめです。

 

 

対処法4.自分から話す必要がない場合は聞き役に徹する

 

 

会社の場合は自分からコミュニケーションを取る必要がありますが、仲間内での雑談は例外です。さすがに相手がひとりだと会話が求められますが、複数人いるのであれば聞き役に徹する方法もあります。

 

集団でのコミュニケーションであれば「へー」「そうなんだ」といった相槌だけでも場は持つものです。会話するのも難しい場合はニコニコしているだけでも問題ありません。

 

ただ、聞き役に徹するのは逃げの手法です。根本的な解決にはならないので、会話できそうな話をしている際は勇気を出してコミュニケーションを図りましょう。

 

 

対処法5.医療機関や就労移行支援に頼る

 

 

コミュニケーションの苦手さをひとりで解決できそうにない場合は、医療機関や就労移行支援を頼りましょう。外部の手を借りることで、自分の症状に合った対処法を得られます。

 

中でも就労移行支援は就職や就労に難を抱えている人におすすめです。就労移行支援とは、障害を持つ人が一般企業で働けるよう訓練する場所を指します。たとえば以下のようなサポートや訓練を受けられます。

 

  • 専門職員によるカウンセリング
  • 障害理解
  • 障害が起きたときの対処法
  • 就職活動
  • 内定後の定着サポート

 

就労移行支援では障害のことだけでなく、就職活動もサポートしてもらえます。まずは障害のことを理解し、そこから自分らしく働けるように持っていけるのが就労移行支援です。

 

「コミュニケーションが原因で会社が長続きしない」「自分の障害について深く知りたい」という人は、就労移行支援を利用してみると良いでしょう。

 

就労移行支援は基本的に無料で利用できる(前年度の収入による)ので、まずは相談から始めてみてください。

 

 

大人の発達障害を克服するには「ディーキャリア」がおすすめ

 

 

大人の発達障害を持つ人が就労移行支援を利用する場合は、ディーキャリアがおすすめです。ディーキャリアは発達障害を持つ人に特化して支援を実施しています。発達障害のノウハウが豊富なので、ささいな症状も見逃しません。

 

ディーキャリアには以下の特徴があります。

 

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)
  • 事業所の一室がオフィス環境なので実践を想定した訓練を行える
  • 発達障害に特化したノウハウを受けられる
  • コミュニケーション能力を向上する訓練がある
  • ストレスの対処法を学べる

 

サポートが手厚いので、職場定着率が9割を超えています。長期就労を実現したい人にはぴったりでしょう。

 

ディーキャリアでは無料体験も随時募集しているので、まずは施設の体験から始めてみてください。

 

 

まとめ

 

 

コミュニケーションが苦手な傾向にある大人の発達障害や会話が苦手な場合の対処法を紹介してきました。

 

コミュニケーションは人間関係の構築に重要なので、苦手だとそこから悪い方へ転じる可能性もあります。最悪の場合はうつや不安障害などを引き起こす可能性もあるので、早めに対応することが大切です。

 

会話の際はメモを取ったり、わからないところをすぐ聞いたりすれば解決できるケースもあります。ただ、症状が重いとひとりでの解決は困難です。

 

ひとりではどうして良いのかわからない場合は、就労移行支援に頼りましょう。就労移行支援事業所には障害に関するプロがいるので、的確な対処法を教えてもらえます。

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪エリアで事業所を探していてる方に向けて、大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア天王寺」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー