#main-contents

就労移行支援が合わないと感じる5つの原因や対処法を徹底解説!

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は就労移行支援が自分には合わないと感じる原因や対処法を紹介していきます。

 

就労移行支援に通っていると「何だか合わない感じがする」と感じることもあるでしょう。合わない就労移行支援に無理して通うのは、あまり良い状態と言えません。

 

しかし、何が具体的に合わないと感じているのかわからないこともよくあります。原因がわからなければ対処法もわからないので、どうしようもないでしょう。

 

そこでこの記事では、就労移行支援が合わないと感じる5つの原因を紹介していきます。合わない就労移行支援を選んでしまった対処法も取り上げているので確認してみてください。

 

 

 

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を選ぶなら「ディーキャリア天王寺」がおすすめ。発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

本サイトでは、そのほかの事業所もまとめています。

また、公式LINEでは就労移行支援に関する情報もお届けしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 


就労移行支援が合わないと感じる原因

 

 

就労移行支援が合わないと感じる原因は主に以下の5パターンです。

 

  • 自分の目的と事業所が合っていない
  • 事業所が自宅から遠い場所にある
  • スタッフや利用者と気が合わない
  • 成長を実感できない
  • 単純に通うのが面倒になっている

 

では5つの原因を具体的に紹介していきます。

 

 

原因1.自分の目的と事業所が合っていない

 

 

就労移行支援が合わないときは、単純に自分の希望と事業所の特徴が異なるケースも多いです。実は、就労移行支援には主に3種類のタイプがあります。

 

  • 障害特化型…特定の障害を持つ人の支援に特化している
  • 専門スキル特化型…特定のスキルを集中的に伸ばせる
  • 総合型…就職に役立つスキルを幅広く学べる

 

このようにそれぞれ特徴が異なり、訓練内容も異なってきます。たとえば、営業職で働きたいと考えている人が、PCスキル特化型の就労移行支援に通うと合わないと感じやすいです。

 

事業所選びにあたってあまり深く考えなかった場合は、特にミスマッチが発生しやすくなります。

 

 

原因2.事業所が自宅から遠い場所にある

 

 

事業所が自宅から離れた場所にあると、徐々に通うのがつらくなってきます。就労移行支援では最大週5日も事業所に通う必要があるので、遠方にあると通うだけで大変です。

 

通うのが面倒になると、最終的に就労移行支援の利用をやめてしまう可能性もあるので気を付けなければいけません。

 

 

原因3.スタッフや利用者と気が合わない

 

 

就労移行支援が合わないケースで多いのが人間関係のトラブルです。

 

就労移行支援にはさまざまな人がいます。人がいると人間関係が発生し、合う・合わないという問題が起こりがちです。

 

特に自分のことを担当するスタッフと気が合わない場合、毎日のやり取りがストレスになってしまいます。

 

 

原因4.成長を実感できない

 

 

就労移行支援ではさまざまなスキルを覚えることができますが、あまり成長を感じられないと無駄に感じるでしょう。

 

就労移行支援にはスキルを覚えるために通っているので、何も変化がないと合わないのかと疑うのも当然の結果です。

 

しかし、成長を実感するためには時間がかかります。1か月以内で目に見える成長は感じづらいので気を付けておきましょう。

 

 

原因5.単純に通うのが面倒になっている

 

 

就労移行支援でうまくいかないと「事業所が合わないからだ」と結論を出すこともあります。

 

たしかに思ったような成果を得られないのは、就労移行支援も一因となっているでしょう。しかし、たいていの場合は利用者の問題にあります。たとえば、就労移行支援の選び方を間違った場合は、リサーチが甘かったからです。

 

就労移行支援での時間を無駄にしないためにも、今すぐ現状を変えましょう。

 

就労移行支援で失敗した過去は変えられませんが、これから先のことは行動次第で変えられます。

 

 

就労移行支援が合わないときの対処法

 

 

就労移行支援が合わないときは以下の対処法を実践しましょう。

 

  • 引き続き通所して様子を見る
  • 担当者を変更してもらう
  • 就労移行支援を変更する

 

続いて3つの対処法を具体的に解説していきます。

 

 

対処法1.引き続き通所して様子を見る

 

 

就労移行支援に通い始めて3か月未満の場合は、もう少し様子を見るのもひとつの手段です。

 

就労移行支援は訓練がじっくりと進んでいくので、人によってはあまり成長を感じられないことがあります。

 

しかし、3か月経過するころには目に見える変化を感じられる可能性が高いです。現在の就労移行支援に大きな不満がない場合は、もうしばらく通い続けてみると良いでしょう。

 

 

対処法2.担当者を変更してもらう

 

 

担当スタッフと気が合わない場合は、担当者を変わってもらいましょう。就労移行支援では担当者の変更に対応していることもあります。担当者とウマが合わない場合は、交代してもらえば万事解決です。

 

 

対処法3.就労移行支援を変更する

 

 

どうしても現状を改善できないと感じる場合は、就労移行支援を変更しましょう。事業所が変わればすべて変わるので、もう一度ゼロから始めることができます。

 

ちなみに現在の就労移行支援の利用をやめる場合は、担当スタッフに伝えれば問題ありません。場合によっては面談や書類記入などの手続きで時間がかかるので、事業所を変える場合は早く行動しましょう。

 

就労移行支援を変える場合は、しっかりとポイントをおさえないと同じミスを繰り返すので注意が必要です。

 

 

【後悔しない】就労移行支援選びのポイント6選

 

 

就労移行支援を選ぶ際は以下のポイントをおさえると後悔しづらいです。

 

  • 前の事業所で合わないと感じたことを振り返る
  • 将来的になりたい自分を想像する
  • 自分が希望するプログラムがあるかどうかチェックする
  • 無理なく通える範囲の事業所を選ぶ
  • 実績を確認する
  • 無料体験で実際に体験する

 

では6つのポイントを順番に解説していきます。

 

 

ポイント1.前の事業所で合わないと感じたことを振り返る

 

 

事業所が合わなくて変更する場合は、なぜ合わないと感じたのか原因を突き止めておきましょう。

 

たとえば、事業所の訓練内容が合わないときは、訓練内容を考慮して選べば次は失敗しません。なんとなくで事業所を変えると同じミスを繰り返すので注意が必要です。

 

 

ポイント2.将来的になりたい自分を想像する

 

 

事業所を選ぶ前に、まずは将来の目標を考えてみましょう。

 

目標は具体的であるほど良いです。たとえば「将来的にはパソコンを使った仕事をしたい」「在宅ワークを目指したい」など目標が明確であれば、事業所選びが楽になります。

 

目標はざっくりとしたもので問題ないので、この機会に将来なりたい自分を想像してみてください。

 

 

ポイント3.自分が希望するプログラムがあるかどうかチェックする

 

 

就労移行支援を選ぶ際は、プログラム内容をチェックしておきましょう。

 

訓練内容は事業所によって異なります。コミュニケーションの訓練を重視していることもあれば、PCスキルの習得に特化していることもあります。何も知らずに事業所を選ぶと、ミスマッチが生じやすいです。

 

事業所のプログラム内容は公式サイトで公開しているので、まずはホームページをひと通り確認してみると良いでしょう。

 

 

ポイント4.無理なく通える範囲の事業所を選ぶ

 

 

就労移行支援を選ぶ際は通いやすい場所にある事業所を選びましょう。あまり遠方の事業所を選ぶと通うのが面倒になります。

 

ただ、あまり距離が近すぎると通勤の訓練になりません。事業所までの通所は働くための体力を付けたり、交通機関を使う練習になったりします。

 

通所の効果を発揮するためにも、通勤時間は30〜60分程度かかる場所を選びましょう。

 

 

ポイント5.実績を確認する

 

 

就労移行支援では就職成功率や職場定着率を公開しています。パーセンテージが低い場合は、その事業所に実績がなく、指導内容のレベルが低い可能性があるので注意しましょう。

 

また、事業所によっては数値を公開していないこともあります。数値が非公開のサービスも実績が優秀とは言えないので避けるのが無難です。どうしても実績が気になる場合は、直接運営元に問い合わせてみると良いでしょう。

 

 

ポイント6.無料体験で実際に体験する

 

 

就労移行支援への入所を確定させる前は、必ず無料体験を受けましょう。無料体験で事業所の雰囲気を確認しておけば失敗する確率を大幅に減らせます。

 

無料体験中はスタッフや利用者の雰囲気や訓練内容を見ておきましょう。中でも人間関係は実際に自分の目で見ないと確認できないポイントです。いくらネットやSNSで探しても、自分がその事業所の雰囲気と合うかどうかは判断できません。

 

人間関係のミスマッチは発生しやすいので、無料体験の際にしっかりと見極めておきましょう。

 

就労移行支援選びでもっとも重要なのは無料体験です。基本的なチェックポイントはすべて無料体験で確認できるので、必ず体験会へ参加するようにしましょう。

 

 

発達障害で悩む人は「ディーキャリア」がおすすめ

 

 

発達障害を持っている人におすすめの就労移行支援はディーキャリアです。ディーキャリアは発達障害を持つ人のサポートに特化しています。特定の障害に特化していることからサポート力が高く、以下の実績を持っています。

 

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)

 

中でも職場定着率はほかの就労移行支援より優秀なポイントです。長期就労を目指している発達障害のある人は、ディーキャリアで訓練を受けると良いでしょう。

 

ディーキャリアでは全国各地で無料体験を実施しています。まずは無料体験に参加して、自分と合うかどうか確認してみてください。

 

 

まとめ

 

 

就労移行支援が合わないと感じる原因や対処法を紹介してきました。

 

就労移行支援に通っていて合わないと感じる原因はさまざまありますが、プログラム内容や人間関係が問題となることが多いです。プログラム内容や人間関係が合わないと感じた場合は、利用する就労移行支援を変更するしかありません。

 

就労移行支援を変える場合は、なぜ今の事業所が合わないのか考えて、そこから事業所選びに反映させてください。最終確認として、無料体験で直接事業所の雰囲気を見ておけば、次の就労移行支援で合わないと感じることもなくなるでしょう。

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪エリアで事業所を探していてる方に向けて、大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア天王寺」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー