#main-contents

就労移行支援がひどいと言われる4つの理由!失敗しない事業所選びの方法とは?

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は「就労移行支援がひどい」という評判の真偽について紹介していきます。

 

就労移行支援について調べていると、「就労移行支援なんて役立たない」「行って後悔した」という口コミを見かけることもあるでしょう。これから就労移行支援に通おうと考えている人にとっては、かなり気になるうわさです。

 

結論を言うと、就労移行支援の中にはひどいところもありますが、健全な事業所を選べば満足のいくサポートを受けられます。

 

この記事では、就労移行支援がひどいと言われる理由について紹介しています。就労移行支援で失敗しないためのポイントも解説しているので合わせて確認してください。

 

 

 

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を選ぶなら「ディーキャリア天王寺」がおすすめ。発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

本サイトでは、そのほかの事業所もまとめています。

また、公式LINEでは就労移行支援に関する情報もお届けしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 


就労移行支援がひどいと言われる4つの理由

 

 

以下の理由から就労移行支援はひどいと言われることがあります。

 

  • スキルアップを実感できないこともある
  • 職員の中には対応がひどい人もいる
  • 悪質企業が運営していることもある
  • 通うだけではお金をもらえない

 

では具体的な内容を順番に紹介していきます。

 

 

理由1.スキルアップを実感できない

 

 

就労移行支援は障害のある人が一般企業で働くためのスキルを身に付ける場所です。しかし、実際に利用してみるとスキルアップを実感できず、無駄な時間を過ごしたと感じる人もいます。

 

スキルアップできないと感じる原因は主に以下の通りです。

 

  • 社会で必要とされる基礎的な能力がすでに身に付いている
  • 能力は上がっているが目に見える変化を感じられていない
  • 利用期間が短すぎる
  • まじめにプログラムに取り組んでいない
  • 就労移行支援のプログラム内容が合っていない

 

就労移行支援の選び方を間違わず、しっかりとプログラムに取り組めば基本的にスキルは上がります。しかし、事業所の選び方を間違ったり、適当に訓練したりするとスキルが上がりづらいので気を付けましょう。

 

 

理由2.職員の中には対応がひどい人もいる

 

 

就労移行支援には障害に精通した職員が在籍していますが、中には対応が悪い人もいます。たとえば、障害者に対する配慮がなかったり、障害の知識が薄かったりする人もいます。

対応が悪い担当者とマッチングすると、就労移行支援を利用した意味がないと感じるのも当然でしょう。

 

 

理由3.悪質企業が運営していることもある

 

 

今や就労移行支援は全国各地に事業所を構えていますが、すべての施設が健全な運営をしているわけではありません。中には悪質な就労支援に通ってひどい目にあう人もいます。

 

悪質な就労移行支援では、ただ単に自社の利益を追求していることが多いです。悪質な事業所だとまともなサポートは得られないので、十分に気を付けなければいけません。

 

 

理由4.通うだけではお金をもらえない

 

 

就労移行支援は基本的にお金をもらえる場所ではありません。事業所によっては袋詰めのような軽作業をすることもありますが、すべてその人の能力を伸ばすために行います。

 

就労移行支援ではお金が発生しない仕組みなので、「苦労して訓練しているのにお金をもらえない」と嘆く人もいます。あくまで就労移行支援は個人の能力を伸ばす場であって、お金稼ぎの場ではないので気を付けておきましょう。

 

就労移行支援がひどいと言われる理由を見ると、認識が間違っていたり事業所選びを間違っていたりするケースが大半です。中でも悪質な事業所を選ぶと、ひどい目にあう可能性が高いので注意しましょう。

 

 

ひどい就労移行支援の特徴

 

 

以下の特徴に当てはまる就労移行支援に通うと、ひどい目にあう可能性が高いので避けましょう。

 

  • 無理に通わせようとしてくる
  • 利用者の就職成功率が低い
  • 基礎的な訓練しか受けられない
  • 事業所内に清潔感がない
  • 自社のホームページを持っていない

 

続いて具体的な特徴を見ていきます。

 

 

特徴1.無理に通わせようとしてくる

 

 

職員の中には就労移行支援の利益を上げるために、本人の希望を無視して毎日施設へ通うように指示してきます。

 

障害を持つ人の場合は体調が不安定になることも多いので、無理にでも毎日通わせようとするのは間違った対処法です。

 

健全な就労移行支援であれば、自分のペースで通えるようにサポートしてくれます。体調が悪い人は1週間に1回からでも通えるので、いきなり無理する必要はありません。

 

 

特徴2.利用者の就職成功率が低い

 

 

それぞれの就労移行支援では、就職成功率を公開しているものです。成功率が低いとその事業所で覚えられるノウハウは、社会に出て役立たない可能性があります。

 

就職成功率はその事業所の質を図るために効果的なので必ずチェックしておきましょう。

 

 

特徴3.基礎的な訓練しか受けられない

 

 

就労移行支援で受けられる訓練は事業所によって異なります。簡単な業務から難しい業務まで対応していれば、スキルアップできるので学びやすいです。

 

しかし、軽作業のようなだれでもできる作業を延々と課してくる事業所はレベルが高いとは言えません。軽作業しかできないと働ける企業が限られるので注意が必要です。

 

 

特徴4.事業所内に清潔感がない

 

 

清潔感のない就労移行支援は管理が行き届いていない証拠です。物が雑然としていたり、明らかに汚れていたりする場合は、信頼できる事業所とは言えません。

 

施設内が汚れていると利用者にとっても気分が悪いので避けましょう。

 

 

特徴5.自社のホームページを持っていない

 

 

最近の就労移行支援は基本的に自社のホームページを持っています。ホームページで事業所や運営元の特徴を紹介しています。

 

自社サイトを持っているのが当然となっている中、自社のホームページを持っていない就労移行支援は怪しいです。ホームページがないと事業所の情報収集もできないので避けた方が良いでしょう。

 

怪しい就労移行支援は情報があいまいなことが多いので、ネットで情報を集めづらい事業所は避けましょう。

 

 

就労移行支援に通うと得られる3つのメリット

 

 

ここまで就労移行支援のひどい一面を紹介してきましたが、健全な事業所に通うと以下のメリットを得られます。

 

  • 社会で働く力がひと通り身に付く
  • 生活リズムを整えられる
  • 就労後もサポートを得られる

 

では3つのメリットを詳しく紹介していきます。

 

 

メリット1.社会で働く力がひと通り身に付く

 

 

就労移行支援に通うと集団で生きるために必要なコミュニケーション術を学べます。コミュニケーションはほぼすべての企業で必要な能力です。

 

障害を持つ人の中には人との会話を苦手とする人もいますが、訓練を受けると社会で通用するコミュニケーション力が身に付きます。

 

ほかにも、PCスキルや社会マナーを覚えられることも多いです。就労移行支援で訓練すれば社会人に求められる能力がひと通り身に付いて、障害のない人と近い能力になれるでしょう。

 

 

メリット2.生活リズムを整えられる

 

 

就労移行支援では徐々に体調や生活リズムを整えていくこともできます。決まった時間で行動することは社会において重要なことですが、障害の影響で生活リズムが乱れることもあるでしょう。

 

不安定な生活を送る人は、就労移行支援に通って正しいリズムを作ると良いでしょう。

 

 

メリット3.就労後もサポートを得られる

 

 

就労移行支援では就労後のサポートが含まれるケースも多いです。入社してからもサポートがあると、職場で不安ごとができても安心して働けます。

 

特に障害のある人は入社後にギャップを感じることも多いので、サポートがもらえるのはありがたいポイントです。

 

就労移行支援は選び方さえ間違わなければ複数のメリットを得られるので、障害に苦しむ人にはおすすめです。

 

 

就労移行支援で失敗しないためのポイント

 

 

就労移行支援でひどい目にあわないためにも、以下のポイントをおさえておきましょう。

 

  • 就職率や職場定着率が高い
  • 自分の障害にあった事業所を選ぶ
  • 複数の事業所を見学しておく

 

続いて3つのポイントを詳しく解説していきます。

 

 

ポイント1.就職率や職場定着率が高い

 

 

就労移行支援を選ぶ際は就職率や職場定着率をよく確認しておきましょう。就職率や職場定着率が高ければそれだけ社会に通用するスキルを学べるという証拠です。

 

就労移行支援によっては数値を公開していないこともありますが、運営に問い合わせれば聞けることがあります。直接聞いたのに教えてくれない場合は危険性が潜んでいるので、利用するのは控えた方が良いでしょう。

 

 

ポイント2.自分の障害にあった事業所を選ぶ

 

 

就労移行支援を選ぶ際は自分の障害や適性に合った事業所を選びましょう。

 

就労移行支援は事業所によって得意分野が異なります。たとえば、幅広い障害に対応していたり、特定の障害に特化してサポートしていたりします。

 

事業所の特徴を何も知らずに通うとミスマッチを感じるので注意が必要です。詳しい情報は公式サイトに掲載されているので確認してみましょう。

 

 

ポイント3.複数の事業所を見学しておく

 

 

就労移行支援へ入所する前には必ず無料体験しておきましょう。体験することで事業所の雰囲気を直接確認できます。特に事業所内の清潔さや利用者とスタッフの雰囲気は重要なチェックポイントです。

 

ちなみに無料体験は公式サイトから問い合わせると予約できます。無料体験ではプログラム内容を一部体験できるので、自分でもプログラムを受けられるか不安な場合は体験しておくと良いでしょう。

 

就労移行支援を選ぶにあたって、少しでも不安に感じる場合は避けるのが無難です。

 

 

発達障害者には「ディーキャリア」がおすすめ

 

 

就労移行支援事業所はさまざまなタイプがありますが、発達障害を持っている人にはディーキャリアがおすすめです。ディーキャリアには以下の特徴があります。

 

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)
  • 事業所の一室がオフィス環境なので実践を想定した訓練を行える
  • 全国各地に事業所を構えている

 

ディーキャリアは発達障害に特化してサポートする就労移行支援の中でも知名度や実績がトップクラスです。全国に拠点を構えるほど優れた事業所なので、信頼度で就労移行支援を選びたい場合に向いています。

 

ディーキャリアでも無料体験を実施しているので、まずは無料体験から始めてみてください。

 

 

まとめ

 

 

就労移行支援がひどいと言われる理由やその実態について紹介してきました。

 

就労移行支援でひどい目にあうのは事業所選びに間違っているケースが多いです。悪質な事業所だと自社の利益を追求して、利用者のことを配慮したサポートを行いません。

 

就労移行支援で正当なサポートを受けるためには、健全な事業所を選ぶことが大切です。事業所を選ぶ際はネットで情報を集めて、最後は無料体験で直接確かめておきましょう。

 

無料体験することでその会社の実態をつかめるので、事業所選びで間違ってひどい目にあう未来を避けられます。

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪エリアで事業所を探していてる方に向けて、大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア天王寺」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー