#main-contents

発達障害のせいで就職できない!就活が順調に進まない理由とは?

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は発達障害で就職できない5つの理由を紹介します。

 

大人の発達障害は仕事に支障をきたす症状が発生することもあります。中には発達障害が原因で、なかなか就職できないと悩む方もいるでしょう。しかし、発達障害で就職できないのにはいくつかの原因があります。

 

そこで発達障害で就職できない5つの理由を解説していきます。就職できない方をサポートしてくれる施設も紹介しているので参考にしてください。

 

発達障害で就職できない5つの理由

発達障害の方で就職できない方は以下の特徴に当てはまります。

 

  • 自分の障害について理解していない
  • 自己分析できていない
  • 発達障害に向かない仕事を選んでいる
  • 面接対策していない
  • 規則正しい生活を送っていない

 

では、5つの理由を詳しく紹介していきます。

 

理由1.自分の障害について理解していない

 

発達障害の方で就職できない大きな原因は、障害の理解が浅いことです。自分が持つ発達障害について説明できないと、面接時の印象が下がります。

 

会社としては、雇う前に発達障害を持つ人の特徴を知っておきたいです。どんなことを得意・不得意なのか知らなければ業務を割り振れません。

 

逆に、面接の段階で発達障害の特性を知っておくことで、働いてもらうイメージが持てます。イメージした結果、働けそうであれば雇ってもらえるでしょう。

 

面接で自分の障害を説明できるかどうかで就職の成功率は異なります。就職できない方は、あらためて自分の障害と向き合ってみましょう。

 

理由2.自己分析できていない

 

就職において自己分析は非常に大切です。自分の強みや苦手な部分を理解しないと、どの会社に就職すべきなのか分かりません。

 

自己分析を行わないまま就職できたとしても、就職後にミスマッチを起こす可能性も増えます。自分と合わない就職先を選ぶと働くことに悩み、最終的には早期退職に追い込まれてしまうでしょう。

 

自己分析しないと就職できても定着しない可能性があります。自己分析は自分の障害特性を知ることと同じくらい大切です。

 

理由3.発達障害に向かない仕事を選んでいる

 

一般的に発達障害には向いている仕事と向いていない仕事があります。発達障害は特徴が異なるので、一概にこの仕事が向いているとは言えません。

 

しかし、発達障害の場合は以下の特徴を持つ仕事を苦手としています。

 

  • 少しのミスで人命にかかわる作業
  • 高いコミュニケーション能力が求められる仕事
  • マルチタスクの能力が必要な業務

 

もちろん発達障害を持つ方の中には、コミュニケーション能力に優れた人もいます。自分の能力を知るためにも、まずは自分の得手・不得手を理解しましょう。

 

理由4.面接対策していない

 

就職する際に必ず行われるのが面接です。応募しているにもかかわらず就職できない方は、面接が原因かもしれません。

 

面接では、自分の障害のことはもちろん、志望動機や会社でやってみたいことなども答える必要があります。

 

何の面接対策も行っていなければ、面接官の質問には答えられません。自己分析を終えた後は、必ず面接対策や企業研究も行いましょう。

 

理由5.規則正しい生活を送っていない

 

就職活動において規則正しい生活を送ることも大切です。規則正しい時間で生活する習慣がなければ、思ったように就職活動が行えません。

 

例えば、夜型の生活をしている方が、昼間に就職活動するのは厳しいでしょう。万全の状態で面接に挑まないと、受け答えが曖昧になる可能性もあります。

 

規則正しい生活は少なからず就職の成功につながるので、まずは生活習慣を改めることから始めましょう。

 

もし障害の問題で体調を変えられない場合は、活動時間に合わせて仕事を探すのも一つの手段です。

 

発達障害を持つ人が就職できない理由はさまざまですが、主な原因は障害の特性を理解していないことが原因です。就職の目標を叶えるためにも障害と向き合いましょう。

 

発達障害で就職できない方におすすめの支援機関

アルファスマイルとはサテライトオフィス型の障がい者雇用サポートサービスのこと

発達障害で就職できないとお悩みの方は以下の機関や人物に頼るのもおすすめです。

 

  • かかりつけの医師やカウンセラー
  • 障害者就業・生活支援センター
  • ハローワーク
  • 障害者向け就職エージェント
  • 就労移行支援事業所

 

では、それぞれの施設について特徴を紹介していきます。

 

かかりつけの医師やカウンセラー

 

発達障害を持っている方は、まずかかりつけの医師やカウンセラーを頼りにしましょう。継続的に診断してもらっている先生であれば、障害について自分以上の知識を持っています。自分では気づかない部分も知っている可能性が高いです。

 

ただ、医師やカウンセラーは仕事の質問をするのにあまり適していません。あくまで障害の理解を深める範囲にとどまるので気を付けましょう。

 

障害者就業・生活支援センター

 

障害者就業・生活支援センターでは、障害者の就業や日常生活などを支援してくれます。就職活動以外の幅広い支援を受けられるので、発達障害の悩みを持つ方にはぴったりです。

 

また、障害者就業・生活支援センターでは社会福祉施設、医療施設などと提携して、さまざまな支援を行ってくれます。サポート力に優れているので、発達障害が原因で就職できない方は訪れてみると良いでしょう。

 

ちなみに、障害者就業・生活支援センターは都道府県ごとに複数設置されています。お住まいの近くにあることも多いので、気になる方は調べてみましょう。

 

ハローワーク

 

ハローワークは働く意思のある人の就職活動をサポートする場所です。一般者が利用しているイメージが強いと思いますが、ハローワークには障害者専用の窓口があります。

 

障害者専用窓口では、障害のことに詳しい専門の職員が担当してくれます。職員に発達障害の悩みを相談したり、適切な仕事を紹介したりしてくれます。

 

ハローワークは各地区にあるので、通いやすいところが魅力的です。利用料も発生しないので、徒歩圏内にハローワークがあれば金銭的な問題も発生しません。

 

障害者向け就職エージェント

 

障害者向け就職エージェントは障害者向けの仕事を紹介・サポートする民間の事業所です。面接対策や履歴書の書き方などの就職活動から、障害者雇用枠の仕事の紹介まで行ってくれます。幅広い就職の支援を受けられるので、発達障害で就職できない方にはぴったりの施設です。

 

ただ、障害者向け就職エージェントは障害理解をそこまで深められません。就職には強いですが、障害の理解をもっと深めたい方には不向きです。

 

障害者向け就職エージェントを利用する場合は、事前にかかりつけの医師やカウンセラーで障害理解を深めてから利用すると良いでしょう。

 

就労移行支援事業所

 

就労移行支援事業所は障害を持つ方に対して、一般企業への就職を目指した訓練やサポートを行う場所です。他の施設と違って、障害理解から就職活動の支援まで受けられます。

 

さらに、就労移行支援は発達障害の弱点を克服する訓練を受けることも可能です。訓練を受ければ発達障害の弱みも改善されるでしょう。

 

発達障害で就職できないと悩む方を支援する施設は複数あります。自分一人で対応できない時は、遠慮せずに頼りましょう。

 

発達障害で就職できない方はディーキャリアがおすすめ!

アルファスマイルとは?サテライト型の障がい者サポートサービスを徹底解説!

ディーキャリアは発達障害の支援に特化した就労移行支援事業所です。発達障害に悩むさまざまな方が利用していて、優れた実績を残しています。

 

ディーキャリアの実績

 

ディーキャリアには3つの優れた実績があります。

 

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)

 

すべてディーキャリア公式サイトで公開されている情報ですが、いずれも優れた数字であることが分かるでしょう。中でも注目すべきは職場定着率の高さです。

 

就労移行支援の中には、就職成功率が高くても、職場定着率が低い施設もあります。定着率が低い事業所は、就職に成功してもすぐに辞めているということです。仮に就職できても長続きしなければ意味がありません。

 

一方でディーキャリアは職場定着率が9割を超えています。職場定着率が優れているのは、訓練内容やサポート力が優れているからです。

 

ディーキャリアの特徴

 

ディーキャリアの特徴を簡単にまとめると以下の通りです。

 

  • 事業所の一室がオフィス環境なので実践を想定した訓練を行える
  • 自分の障害特性に合った訓練を行える
  • 発達障害に特化したノウハウを受けられる
  • コミュニケーション能力を向上する訓練がある
  • ストレスの対処法を学べる
  • セルフケアのやり方を学べる
  • 面接対策や履歴書作成などの就活支援プログラムもある
  • 就労後の定着支援を受けられる

 

ディーキャリアでは、発達障害というくくりで対応しません。その人の特性を見極めて、その人に適切なサポートを行います。人に合わせたサポート体制が、高い職場定着率につながっているのでしょう。

 

ディーキャリアでは無料体験を実施中

 

ディーキャリアは公式サイトから無料相談を受け付けています。無料相談では事業所の雰囲気や訓練内容などを確認できます。興味がある方は無料体験を利用してみましょう。

 

無料体験の流れは大きく分けると3段階です。

 

  • ディーキャリア公式サイトから無料体験を予約する
  • 予約日に事業所を訪れる
  • 職員への無料相談・訓練内容を見学する

 

ディーキャリアは全国的に事業所を展開しています。まずはお住まいの近くに事業所があるかどうか確認しましょう。

 

まとめ

 

発達障害で就職できない5つの理由や就職できない方におすすめの施設を紹介してきました。

 

発達障害を持つ人が就職できない大きな原因は、自分の障害を深く理解していないことです。障害を理解していなければ、相手に自分の特徴を説明できません。結果的に面接で悪い印象を与えるので、内定までたどり着くのは難しいです。

 

障害理解を深めたい方や就職活動の支援を受けたい方は、障害者向けの施設を利用しましょう。発達障害者向けの施設に相談すればアドバイスをもらえるので、1人で悩み続けることもありません。

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪エリアで事業所を探していてる方に向けて、大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア天王寺」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー