#main-contents

精神障害者が就職できないと言われる5つの理由や対処法を解説!

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は精神障害者の就職状況についてご紹介します。

 

精神障害を持っている方の中には、なかなか就職できないと悩みを抱えていることもあるでしょう。実は就職できなくて困っている精神障害者は全体的に見ても多いです。

 

しかしなぜ、精神障害者は就職できないのでしょうか。この記事では、精神障害者が就職できない理由や対処法を紹介していきます。精神障害を持っていて就職できないとお悩みの方はぜひ参考にしてください。

 

精神障害者の雇用条件とは?

厚生労働省が発表した「平成 30 年度障害者の職業紹介状況等」によると、精神障害者の就職率は47.4%でした。資料には前年と比較すると0.7ポイント低下しているとも書かれているので、精神障害者が就職しやすい環境になっているとは言えないでしょう。

 

しかし、47.4%もの人が就職しているので、必ずしも就職できないわけではありません。精神障害を持っている人が一定数就職できている理由は、精神障害者が雇用義務化されたからです。

 

精神障害者の就職率を見ると、2人に1人が就職できています。絶望するほどの数字ではないのであきらめるのは早いです。

 

精神障害者は雇用義務の対象に含まれている

実は平成30年4月1日から精神障害者も障害者雇用の対象に含まれました。それ以前は身体障害者と知的障害者のみだったので、平成30年以前と比べると精神障害者の就職率は改善されています。

 

また、障害者雇用促進法も精神障害者の雇用率を上げている1つの要素です。障害者雇用促進法には一定の企業に対して「全社員の2%以上を障害者にする必要がある」と記載されています。

 

障害者雇用促進法の対象は精神障害者も含まれているので、以前に比べると就職の間口が増えました。法律によって精神障害者が就職しやすい環境になりましたが、現状では就職できないと悩む人も多いです。

 

精神障害者の雇用は法律で保障されています。しかし、法律はまだまだ完璧なものではないので、法律に頼ってばかりではいけません。/div>

 

精神障害者が就職できないと言われる5つの理由

精神障害者が就職できないと言われる理由がこちらです。

 

  • 会社の障害理解が浅い
  • 体調が安定しない
  • 問題なく行える作業に限りがある
  • 人間関係が築けない
  • ストレスを抱えやすい

 

では5つの理由を細かく解説していきます。

理由1.会社の障害理解が浅い

障害理解のない会社からすると、精神障害のことはよくわかりません。何ができて、どのような症状があるのかわからないので対処するのも難しいです。

 

よくわからない人を雇うくらいなら、ほかの人材を雇いたくなるでしょう。仮に就職に成功しても、お互いに障害のとらえ方が異なります。時間がたつにつれてミスマッチが徐々に大きくなり、最終的には退職に追い込まれることも珍しくありません。

理由2.体調が安定しない

精神障害者はその日によって体調が異なることも多いです。昨日は調子が良かったのに、今日は思い通りに体が動かない人もいます。体調が安定しないと毎日同じパフォーマンスで働けません。

 

たとえば、正社員で働く場合は基本的に週5日7~8時間程度働く必要があります。しかし、体調が安定しない精神障害者にとって毎日決まった時間働くのは難しいです。

 

安定した体調で思うように働けず、退職してしまいます。精神障害は体調に波が発生しやすいところが「就職できない」と言われる大きな原因です。

理由3.問題なく行える作業に限りがある

精神障害者はできることに制限があるので、どの職場でも働けるわけではありません。たとえば精神障害者は、一般的に接客業やレストランのホールなど人と話す仕事はあまり向いていません。

 

向いていない仕事を選ぶと続かず、さまざまな職場を転々とすることもあります。特に自分の障害について理解していない場合は、仕事のミスマッチが発生しやすいので注意が必要です。

 

理由4.人間関係が築けない

精神障害者は円満な人間関係の構築が難しいです。人間関係を円滑に構築できないと働きづらさを感じてしまいます。

 

そのうえ、職場に仲が良い人がいないと、困った時に相談できません。すべてを自分で抱えることになるので、人間関係がうまくいっていない人は辞めやすいです。

 

また、人間関係の構築に必須なコミュニケーションスキルは面接の段階で審査されます。上手に面接できず、就職できないと苦労する精神障害者も多いです。

 

理由5.ストレスを抱えやすい

精神障害者はストレスがたまりやすいです。仕事の悩みや人間関係の悩みなどを一人で抱え込んでしまうので、ストレスがたまりすぎると体調不良につながります。

 

ストレスの対処法を知らないと就職できない可能性も上がるので気を付けましょう。

 

精神障害者が就職できない原因はさまざまです。問題を抱えたまま就職するのは難しいので、しっかりと対処法を学んでおきましょう。

 

精神障害者が就職できない時の対処法

精神障害者が就職できない時は以下の対処をとりましょう。

 

  • 負担がかからない仕事を選ぶ
  • ストレスとの付き合い方を学ぶ
  • フルタイムの正社員にこだわらない
  • 精神障害者向けの施設を利用する

 

続いて4つの対処法を順番に解説していきます。

 

対処法1.負担がかからない仕事を選ぶ

精神障害者は仕事の向き不向きがあるので、自分の能力に合った仕事を選ぶことが大切です。たとえば以下の仕事は一般的に精神障害者に向いてます。

 

  • 軽作業
  • バックヤード業務
  • 事務
  • 経理
  • システムエンジニア
  • 農業
  • 清掃員
  • Webデザイナー
  • Webライター

 

対人関係が生じない仕事は、人間関係の構築に悩む精神障害者におすすめです。人と話すのが苦手な場合は、なるべく人との接触が発生しない仕事を選びましょう。

 

対処法2.ストレスとの付き合い方を学ぶ

 

精神障害者はストレスがたまりやすい人も多いので、日頃からストレスを発散しておきましょう。たとえば以下のことをすれば良いストレス発散となります。

 

  • 運動
  • マッサージ
  • リラクゼーション
  • 睡眠

 

上記のほかにも趣味に没頭すれば良いストレスになります。ストレスがたまってからでは遅いので、時間がある時はストレスを発散しておきましょう。

 

対処法3.フルタイムの正社員にこだわらない

 

精神障害を持つ人の中には、フルタイムで安定して働けないこともあります。フルタイムが無理な場合は、パートやアルバイトで働きましょう。

 

パートやアルバイトであればシフトに融通が利くことも多いです。労働時間も短いので、無理して働くこともありません。

 

もしパートやアルバイトでは思い通りに働けない場合は、障害者雇用枠で働くのもおすすめです。

 

障害者雇用枠とは障害を持つ人のみが利用できる雇用枠で、障害に配慮した環境で働けます。障害者雇用枠であれば働きやすい可能性が高いので長続きするでしょう。

 

しかし、パートやアルバイト、障害者雇用枠は給料が安い傾向にあります。働きやすさの問題は改善されますが、お金という別の問題が発生するので気を付けましょう。

 

対処法4.精神障害者向けの施設を利用する

 

精神障害者はさまざまな問題を抱えているので、すべて1人で解決するのは難しいです。無理すれば体調が悪化し、余計に就職できなくなります。

 

1人で対応できないと感じた場合は、精神障害者向けの施設を利用しましょう。施設を利用することで相談に乗ってくれたり、就職活動のサポートをしてくれたりします。

 

障害について相談できる人ができるだけでずいぶんと楽になるので、就職できないと悩んでいる場合は精神障害者向けの施設を利用するのがおすすめです。

 

就職できない精神障害者におすすめのサービス

就職できないと悩む精神障害者は以下の施設に頼ってみると良いでしょう。

  • 就労移行支援
  • 転職エージェント

ではそれぞれの特徴を解説します。

おすすめのサービス1.就労移行支援

 

就労移行支援は障害を持つ人が一般企業へ就職できるようにサポートしてくれる施設です。事業所では訓練を通して、障害理解を深めたり、会社で働く力を身につけたりしていきます。

 

就労移行支援は最大2年通えるので、最初はまともに通所できなくても問題ありません。自分のペースでじっくりと働ける状態にもっていけます。

 

また、就労移行支援では就職サポートや就職後の定着支援を受けることも可能です。職員と協力して長期的な就労を目指せるので、就職できないと悩む方にとっては心強いでしょう。

 

このように就労移行支援に通うと、障害のサポートと就職のサポートを受けられます。自分の障害の特徴を理解していない、精神障害のせいで就職できない場合は利用してみると良いでしょう。

 

おすすめのサービス2.転職エージェント

 

転職エージェントは仕事を探す人に対して、求人の紹介や面接対策を支援してくれるサービスです。その人に合った仕事を紹介して、就職をサポートしてくれます。

 

自分のやりたい仕事がわかっていなくても、エージェントの職員に相談すれば提案してくれます。結果的に自分に合った仕事を選べて、長期的な就労ができるでしょう。

 

仕事探しに苦労する人におすすめの転職エージェントですが、就労移行支援と違って障害理解や障害を克服する訓練は受けられません。すでに自分の障害について完全に理解している場合は別ですが、基本的には就労移行支援を利用した方が良いでしょう。

 

就労移行支援や転職エージェントはどちらも無料相談できます。まずは気軽に相談から始めてみましょう。

 

まとめ

 

精神障害者が就職できないと言われる理由や対処法を紹介してきました。

 

精神障害者が就職できない原因はさまざまで、ストレスや人間関係、体調の問題などがあります。人によって原因が異なるので、まずは自分のことを知ることが重要です。

 

もし自分のことをよく理解していない場合は、就労移行支援の力を借りましょう。就労移行支援を利用すると、ベテランのスタッフが相談に乗ってくれます。就職できない原因が判明した後は、訓練を通して克服することも可能です。

 

就労移行支援では無料見学会を行っているので、気になる事業所を見つけた場合は無料見学会に参加してみましょう。

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪エリアで事業所を探していてる方に向けて、大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア天王寺」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー