#main-contents

発達障害に未来がないと諦める前に!3つの対処法を紹介

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は発達障害に未来がないと諦めている方に向けて3つの対処法をご紹介します。

 

「発達障害を持っているから明るい未来はあきらめている」と思っていませんか?発達障害を持つ人は障害のない人と比べると能力に差があるので悲観的になることもあるでしょう。

 

しかし、発達障害だからといってあきらめるのは早いです。今から行動すれば未来は変えられます。

 

この記事では、発達障害を持っていて未来がないと諦めている人に向けた現状の変え方を紹介しています。まずは3つの対処法から試して現状を変えましょう。

 

 

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を選ぶなら「ディーキャリア天王寺」がおすすめ。発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

本サイトでは、そのほかの事業所もまとめています。

また、公式LINEでは就労移行支援に関する情報もお届けしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 


発達障害に未来がないと言われる3つの理由

 

発達障害は未来がないと言われることもありますが、その理由は以下の通りです。

 

  • 給料が少ない
  • 行える作業に限りがある
  • 人間関係の構築が難しい

 

では3つの理由をそれぞれ解説していきます。

 

理由1.給料が少ない

 

厚生労働省が行った「平成30年度障害者雇用実態調査結果」によると、発達障害の給料は12.7万円となっています。1か月で約13万円といえば生きていくことはできますが、なかなか貯金もできず贅沢もできません。

 

一方で、障害を持たない一般雇用の月収は約26万4000円です。発達障害を持つ人の給料を2倍近く上回った金額となっています。平均給料を見ると、いかに発達障害の給料が低いかわかるでしょう。

 

理由2.行える作業に限りがある

 

発達障害の方は障害のない人と比べるとできることに差があります。たとえば、発達障害の人は以下のことを苦手としています。

 

  • マルチタスクが必要になる作業
  • 高いコミュニケーションが必要になる仕事
  • 小さなミスが命にかかわる仕事

 

会社で仕事をするにあたって必要な能力が、発達障害を持つ人にとっては苦手なことも多いです。

 

たとえば、発達障害の中にはマルチタスクが苦手な人もいます。マルチタスクが求められる仕事をしていると、スムーズに作業している同僚と比べたときに自信を失いやすいです。

 

発達障害は行える作業に限りがあるため「なぜ自分はこんなにもできないのだろう」と精神的にも落ち込む可能性も大いにあります。

 

理由3.人間関係の構築が難しい

 

発達障害を持つ人の中には、コミュニケーションをとるのが苦手な方も多いです。会社で勤めると、ほかの人と連携するためにコミュニケーションを取らなければいけません。

 

しかし、発達障害を持つ人の中には会話が苦手な人がいて、円滑に話を進められないこともあります。結果的に働きづらさを感じて、退職してしまった人もいるでしょう。

 

このように、発達障害には行える作業に限界があるので精神的に落ち込み「未来がない」とあきらめる人もいます。

 

発達障害は主にできる作業に限りがあるため、給料が低くなったり、人間関係に頭を悩ませたりします。つらい現実に直面すると未来がないと落ち込むかもしれませんが、行動次第で現状を変えられますよ。

 

未来がない発達障害の現状を変える対処法

 

未来がないと感じている発達障害の方が現状を変えるためには、以下の対処法を試しましょう。

 

  • 作業時は自分なりのマニュアルを作る
  • 給付金や生活保護などで金銭面の負担を補う
  • かかりつけ医や支援機関に頼る

 

続いて3つの対処法を詳しく紹介していきます。

 

対処法1.作業時は自分なりのマニュアルを作る

 

能力に関して諦めている場合は、自分なりのマニュアルを作ることで現状の改善が見込めます。

 

会社にもマニュアルは用意されていますが、会社のマニュアルは障害者用に作られていません。自分のために作られていないマニュアルには、自分が知りたい情報が書かれていないこともあります。

 

必ずしも社内のマニュアルが自分のために役立つとは言えないので、自分のレベルに合わせたマニュアルを用意しましょう。たとえば、よく自分がつまずくポイントや注意点を一覧にするだけでも結果は変わってきます。

 

作成したマニュアルを仕事前に確認することで、ミスが減ったり効率的な業務を行えたりします。自分の能力を改善したいという場合は試してみてください。

 

対処法2.給付金や生活保護などで金銭面の負担を補う

 

お金に困る発達障害を持つ人の場合は、給付金や生活保護を利用すれば負担を減らせます。

 

たとえば、障害を持つ人が利用できる公的年金の一種に「障害年金」というものがあります。障害年金は障害のレベルによってもらえる金額は異なりますが、年間で約80~100万円です。年間で80~100万円をもらえると生活も多少楽になるでしょう。

 

このように日本には障害者に向けた給付金や制度が用意されています。発達障害を持っていて生活に苦しむ人は利用できる可能性が高いので、一度自治体の窓口に相談してみましょう。

 

対処法3.かかりつけ医や支援機関に頼る

 

発達障害関連の出来事で何か困ったことがあったときは、かかりつけ医や障害者用の支援機関に頼るのもひとつの手段です。

 

障害はひとりで抱えると悪いことばかり想像してしまいます。それこそ未来がないと絶望することもあるでしょう。

 

悩みをひとりで抱えると精神的につらくなってくるので、発達障害に詳しい人へ相談した方が良いです。相談することで気分が晴れ、的確なアドバイスももらえます

 

特に就労移行支援という事業所は、発達障害を持っていて働くことに悩む人におすすめです。

 

発達障害で苦しんでいる場合は、まず相談することから始めましょう。相談することで現状の打開を図れます。

 

未来がないとあきらめる発達障害の方には就労移行支援がおすすめ

 

就労移行支援とは、障害を持つ人が一般企業へ就職するためにサポートを行ってくれる福祉機関です。発達障害の方が就労移行支援を利用することで以下のメリットがあります。

 

  • 障害の特徴について理解を深められる
  • 障害に対する克服法を学べる
  • 就職活動の支援を受けられる
  • 就労後の定着支援も受けられる

 

続いて4つのメリットを詳しく解説していきます。

 

就労移行支援のメリット1.障害の特徴について理解を深められる

 

就労移行支援事業所では、障害について理解の深い職員がカウンセリングしてくれるのが特徴です。

 

カウンセリングを通して、障害を持つ人のあらゆるところを分析してくれます。分析で得た結果から、自分が何を得意として苦手としているのかを教えてくれるところがカウンセリングの大きなメリットです。

 

一言に障害といっても人によって特徴は異なりますが、就労移行支援のカウンセリングを受ければ自分の特徴をはっきりとつかめるでしょう。

 

就労移行支援のメリット2.障害に対する克服法を学べる

 

就労移行支援は障害理解を深めたうえで、障害の対処法まで学べます。たとえば、コミュニケーションが苦手な場合は、コミュニケーションスキルを上げるための訓練を受けられます。

 

就労移行支援の優れているところは、カウンセリングを通して弱みを見つけて、その弱みを克服する一連の流れです。現状では苦手意識を持っていることがあっても、就労移行支援に通い続けることで徐々に改善されていくでしょう。

 

就労移行支援のメリット3.就職活動の支援を受けられる

 

就労移行支援は障害の対処法を学べるだけでなく、就職活動も支援してもらえます。たとえば、面接の練習やエントリーシートの記入方法なども付き合ってくれるので、就職・転職活動に悩む人にもぴったりです。

 

また、就労移行支援によっては企業との特別なつながりを持っていることもあります。求人サイトに載っていないような仕事も紹介してもらえるので、より仕事探しの可能性が広がるのも就労移行支援のメリットです。

 

就労移行支援のメリット4.就労後の定着支援も受けられる

 

就労移行支援は就職が完了したら終わりではなく、その職場になじめるように定着支援も行ってくれます。

 

たとえば、仕事を行っていると働きづらさを感じることも珍しくありません。訓練では問題なくできていたことも、実際に会社でやってみると思うようにいかないこともあります。

 

就職後に壁にぶつかったときでも、就労移行支援の職員に相談すれば対処法を教えてくれます。場合によっては職場の責任者と相談して、一緒に解決への道を探してくれるので心強いです。

 

万全な定着支援があることで、同じ会社で長期的に就労することも夢ではありません。安定した生活を手に入れると「未来がない」と絶望するのではなく、明るい未来も見えてくるでしょう。

 

就労移行支援は発達障害を含む障害に苦しむ人の味方です。仕事関連で困っているときにはおすすめですよ。

 

発達障害の就労移行支援は「ディーキャリア」がおすすめ

 

発達障害をお持ちの方におすすめの就労移行支援「ディーキャリア」には、以下の特徴があります。

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)
  • 事業所の一室がオフィス環境なので実践を想定した訓練を行える
  • 発達障害に特化したノウハウを受けられる
  • コミュニケーション能力を向上する訓練がある
  • ストレスの対処法を学べる

 

ディーキャリアは発達障害に特化した事業所です。発達障害に苦しむ人を何人も助けてきた実績と優れたノウハウがあります。その優秀さはしっかりと職場定着率や満足度に数字として表れています。

 

ディーキャリアは就職時の平均給与が19.1万円と高いところもポイントです。発達障害の平均給与を約6万円も上回っています。給料がなかなか上がらないと悩む人にもディーキャリアはおすすめです。

 

優れ数字を記録するディーキャリアでは無料相談も行っています。無料相談では職員とのカウンセリングや訓練の体験を受けることが可能です。ディーキャリアが気になる場合は、まず無料相談で職員の話を聞くことから始めましょう。

 

発達障害だから未来がないと諦めている方は、絶望する前にディーキャリアに相談してみると良いですね。

 

まとめ

 

未来がないと諦めている発達障害を持つ人に向けた対処法を紹介してきました。

 

発達障害は平均給料が安かったり、できる作業に限界があったりするので、未来がないと諦める人もいますが、絶望するのは早いです。

 

自分の障害について理解を深めて対策方法を知ることで、障害を持たない人と同じレベルで働くこともできます。

 

もし障害理解や克服方法が不明な場合は、かかりつけ医や就労移行支援に相談するのがおすすめです。

 

特に就労移行支援は障害克服の訓練や転職のサポートも受けられます。未来がないと諦めている発達障害の方は、最後に就労移行支援に頼ってみてはいかがでしょうか。

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪エリアで事業所を探していてる方に向けて、大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア天王寺」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー