#main-contents

社会不安障害の人におすすめの仕事4選!仕事探しの方法も解説

ディーキャリア天王寺

 

 

こんにちは!今回は社会不安障害の人が仕事でぶつかる4つの問題やおすすめの仕事を紹介していきます。

 

「人前で過剰に緊張して仕事どころではない」とお困りの社会不安障害の方へ。人前に出ると平静を保てなくなる社会不安障害を持っていると、自分は働けない運命にあると思うかもしれません。

 

しかし、社会不安障害の人でも問題なくできる仕事はあります。この記事では、社会不安障害の人におすすめの仕事4選を紹介しています。仕事探しのポイントも解説しているのでぜひ参考にしてください。

 

 

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を選ぶなら「ディーキャリア天王寺」がおすすめ。発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

本サイトでは、そのほかの事業所もまとめています。

また、公式LINEでは就労移行支援に関する情報もお届けしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 


社会不安障害を持つ人の仕事における4つの問題

 

社会不安障害を持つ人は仕事する際に以下の問題を抱えることがあります。

 

  • 通勤中に発作が起きる
  • 人とコミュニケーションをとる際に緊張や不安がある
  • 発表の際に極度の不安を感じる
  • 会社の人に障害の苦しさを理解してもらえない

 

では4つの問題を具体的に紹介していきます。

 

問題1.通勤中に発作が起きる

 

社会不安障害を持つ人の中には、通勤中に発作が起きて仕事に行けないこともあります。特に満員電車に乗る人に見られる症状です。

 

通勤中に発作が起きる人の場合、症状がひどいと「このまま命の危険にかかわるのではないか」と尋常ではない恐怖に襲われてしまいます。

 

仮に発作が発生した際には就業時間に遅れ、場合によってはそのまま会社を休むことになります。

 

問題2.人とコミュニケーションをとる際に緊張や不安がある

 

社会不安障害の方は日常的なコミュニケーションですら緊張や不安を感じることもあります。円滑なコミュニケーションを取れないため、仕事に関する話や相談もできません。

 

社会不安障害を隠して働いている人の場合は、会話中に突然様子がおかしくなって同僚と関係性が悪化することもあります。社会不安障害を非公開にしている人にとっては、特に人とのコミュニケーションの際に緊張が走るでしょう。

 

問題3.発表の際に極度の不安を感じる

 

社会不安障害だと、仕事中のプレゼンで緊張しすぎることがあります。社会不安障害でなくても人前で緊張する人は多いです。

 

しかし、社会不安障害を持つ人の場合は足や声が震えてプレゼンが進まないこともあります。中でも過去にプレゼンで失敗したことがある人の場合は、プレゼンの際に社会不安障害の症状が顕著に表れやすいです。

 

問題4.会社の人に障害の苦しさを理解してもらえない

 

社会不安障害は目に見えない症状ばかりなので、会社の人に理解してもらいづらいです。症状を説明しても、障害のない人からすると、何がそんなに怖いのかまったく理解できません。

 

それどころか、その作業をしたくないのではないかと誤解される可能性すらあります。なかなか会社の理解を得られないため、悩みをひとりで抱えて退職に追い込まれるケースも珍しくありません。

 

社会不安障害の人は特に人とのやり取りに不安を感じてしまいます。そのうえ、悩みを理解してもらえないところも社会不安障害の人にとってはつらいです。

 

社会不安障害の人におすすめの仕事4選

 

社会不安障害を持つ人には以下の仕事がおすすめです。

 

  • プログラマー
  • Webライター
  • 清掃業
  • 工場

 

社会不安障害の場合は人とのコミュニケーションが苦手な傾向にあります。つまり、人との会話が最小限に済む仕事であれば問題ありません。また、自宅でできる仕事の場合は通勤の問題も発生しないので、在宅業務もおすすめです。

 

では社会不安障害の人におすすめの仕事を具体的に紹介していきます。

 

1.プログラマー

 

プログラマーはパソコンを使ってコツコツとする作業です。基本的に人との会話が発生せず、自宅で働けるので社会不安障害の人におすすめです。

 

実力を付ければフリーランスとしても活躍することもできます。フリーランスになれば会話が最小限になるので働きやすさを感じられるでしょう。

 

2.Webライター

 

Webライターもプログラマーと同じで在宅勤務ができ、人との会話もチャットで済みます。

 

難易度だけを見るとプログラマーよりWebライターの方が始めやすいです。Webライターの場合はパソコンの操作スキルを持っていれば作業を始められます。スキルに不安がある人はWebライターがおすすめです。

 

3.清掃業

 

清掃業はコミュニケーションが最小限で済みます。ひたすら汚れと戦う仕事なので、黙々と作業できるのが社会不安障害の人にとっても安心です。

 

ただ、清掃業の場合は各地を移動することもあります。移動で症状が発生する場合には、移動が多い清掃業は避けましょう。

 

4.工場

 

工場もコミュニケーションが最小限で済み、作業内容も比較的簡単です。落ち着いて自分のペースで働けるので社会不安障害の人でも問題ないでしょう。

 

しかし、工場の場合は企業によって作業量が異なります。チームで仕事に取り組む工場もあるので、会社選びの際には仕事内容も要チェックです。

 

社会不安障害の人にはひとりでコツコツと作業できる仕事がおすすめです。なるべく会話が発生しない仕事を基準に選ぶと失敗しづらいでしょう。

 

社会不安障害の人におすすめしない仕事

 

社会不安障害に向いている仕事もありますが、その一方で以下の仕事はあまりおすすめしません。

 

  • 事務
  • 営業
  • 窓口業務

 

社会不安障害の場合は、人とのコミュニケーションがたくさん発生する仕事は避けた方が良いです。

 

ではなぜ社会不安障害の方に上記の仕事をおすすめしないのか解説していきます。

 

1.事務

 

事務は会社によって異なりますが、さまざまな業務を行うことが多いです。たとえば、データ入力のようなものから来客対応、電話対応まで多岐にわたります。

 

データ入力は社会不安障害でも問題なくできると思いますが、接客は厳しいです。総合的に見ると事務職は向いていないことが多いので気を付けましょう。

 

2.営業

 

営業はコミュニケーションスキルがなければ務まりません。会話が苦手な社会不安障害の場合は、とてもではありませんが営業活動をできないでしょう。

 

そのうえ、営業は各地を回る必要があるので、出勤の際に症状が発生する人にとっては余計に厳しいです。

 

3.窓口業務

 

市役所や銀行などの窓口業務も会話が発生するのでおすすめしません。

 

ただ、人によっては作業量が安定していることから向いているケースもあります。環境の変化が苦手な場合でも、会話は問題なくできる場合はおすすめです

 

社会不安障害の人は基本的に会話がメインの仕事は向いていません。知らない人との会話では、相手に迷惑をかけて怒られる可能性もあります。るので気を付けましょう。

 

社会不安障害の人が円滑に仕事する3つのポイント

 

社会不安障害の人が円滑に仕事をするポイントはこちらです。

 

  • 作業の前にイメージトレーニングしておく
  • 生活習慣を安定させる
  • 上司や同僚に相談しておく

 

続いて3つのポイントを解説していくので、社会不安障害の人は確認してみてください。

 

ポイント1.作業の前にイメージトレーニングしておく

 

社会不安障害の人がスムーズに仕事するためには、前もってイメージしておくことが大切です。

 

たとえば、上司と話すときも事前に頭の中で話すことを順序立てておくとスムーズに進みます。何事もイメージしてから取り組むようにすると、緊張感も和らぎます。

 

ポイント2.生活習慣を安定させる

 

社会不安障害の場合は日々の生活習慣が大切です。毎日起きる時間が異なるといった不安定な生活を送っていると気持ちも落ち着きません。

 

社会不安障害の症状を軽減するためにも、毎日決まった生活を送るようにしましょう。

 

ポイント3.上司や同僚に相談しておく

 

社会不安障害を持つ人は、ひとりで完全に業務をこなすことが難しいです。ひとりですべて抱えてしまうと限界を迎えるのも遅くありません。

 

上司や同僚の理解がある場合は社会不安障害について相談してみましょう。理解を得られない場合は転職するのもひとつの手段です。

 

社会不安障害は個人で対応することもできます。ただ、ひとりでは限界もあるので周りに頼ることを覚えましょう。

 

社会不安障害の人が仕事を探す3つの方法

 

社会不安障害の人が仕事探しするときにおすすめの方法はこちらです。

 

  • ハローワークに行く
  • 雇用枠を変える
  • 就労移行支援に頼る

 

次に3つの仕事探しについて詳しく見ていきます。

 

<h3>方法1.ハローワークに行く

 

ハローワークでは一般雇用枠だけでなく、障害者雇用枠の求人も取り扱っています。障害者雇用枠とは障害を持つ人だけが利用できる雇用枠です。雇用枠だと会社の理解もあるので、社会不安障害のことを考慮してもらえます。

 

また、ハローワークにはネットに公開されていない求人もたくさんあるので、仕事探しの際には一度訪れてみてください。

 

方法2.雇用枠を変える

 

社会不安障害を持っていて一般枠の雇用に苦戦している場合は、雇用枠を変えるのもひとつの手段です。たとえば、障害者雇用枠を利用したり、パートや契約社員などの非正規雇用を利用したりすれば働き方も変わります。

 

自分に合った雇用枠で入社すれば比較的スムーズに働けるでしょう。しかし、正社員以外の雇用枠は働きやすい反面、給料が低い傾向にあります。一般雇用枠の正社員以外は生活に困る可能性もあるので注意が必要です。

 

方法3.就労移行支援に頼る

 

社会不安障害で苦しむ場合は就労移行支援を利用するのもおすすめです。就労移行支援とは、一般企業への就労を目指す障害者のことを支援する施設を指します。

 

障害者のサポート力に優れた就労移行支援を利用することで得られるメリットは以下の通りです。

 

  • 自分が持つ社会不安障害について理解を深められる
  • 障害の対処法を勉強できる
  • 就職・転職のサポートを受けられる
  • 就労後に困ったことがあっても相談に乗ってくれる

 

就労移行支援を利用すると、自分が持つ障害の理解を深めて、対処法まで学べるのが特徴です。

 

社会不安障害の場合は会話を不得手としているケースが多いですが、就労移行支援では会話術を学べます。就労移行支援で訓練を受け続けることで、会話の苦手意識も薄れていくでしょう。

 

障害の悩みを持っていて就職に苦労する人におすすめの就労移行支援では、無料体験を行っています。まずは無料体験から始めてみると良いでしょう。

 

社会不安障害の人はひとりで自分に合った仕事を探すのが難しいことも多いです。ひとりで問題を解決できない場合は無理せず支援施設に頼りましょう。

 

まとめ

 

社会不安障害の人におすすめの仕事や仕事探しの方法について紹介してきました。

 

社会不安障害はコミュニケーションに不安があるケースが多いので、なるべく人と接しない仕事が向いています。人が関わらない仕事であれば、自分のペースで始められるので苦労も減るでしょう。

 

ただ、完全にひとりで仕事するのは難しいので、ある程度コミュニケーション能力はあった方が良いです。人との会話に不安がある場合は、就労移行支援で鍛えると良いでしょう。

 

就労移行支援では自分のレベルに合わせて苦手分野を克服できます。就労移行支援で訓練すればコミュニケーションスキルの向上を目指せるので、一度無料体験で話を聞いてみてはいかがでしょうか。

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪エリアで事業所を探していてる方に向けて、大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア天王寺」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー