#main-contents

空気が読めない状態を直したい!今すぐできる5つの対処法を紹介

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は空気が読めない自分を直したいという人に向けて5つの対処法を紹介していきます。

 

友人や同僚、上司と会話していると「空気」というものが存在します。空気は目に見えませんが、察しながら会話することが重要です。

 

しかし、空気には実体がないので、気づかないまま会話して雰囲気を壊す人もいます。そんな空気が読めない人は周囲になじみづらいので、直したいと悩むことも多いでしょう。

 

そこでこの記事では、空気が読めない人によく見られる5つの特徴や対処法を紹介していきます。会話がうまくいかなくて困っている人はぜひ参考にしてください。

 

 

空気が読めない人に当てはまる特徴

 

 

空気が読めない人は以下の特徴に当てはまることが多いです。

 

  • 自分のことを最優先にしている
  • 人の話を聞くのが好きではない
  • マニュアルに従った行動しかできない
  • 感じたことをすぐ口に出してしまう
  • 軽いジョークをそのまま受け取ってしまう

 

では5つの特徴を具体的に紹介していきます。

 

 

特徴1.自分のことを最優先にしている

 

 

空気が読めない人は自分の気持ちが強い傾向にあります。常に自分のことを優先した発言をしてしまうので、周りの人から空気が読めない人だと思われがちです。

 

たとえば、周りの人たちがプロ野球の話で盛り上がっていたとしましょう。この場合、自分もプロ野球の話をしておけば間違いではありません。

 

しかし、空気を読めない人は自分がわからないからといって、無理に会話のテーマを変えようとします。周りの人たちが同じテーマで盛り上がっているのに、いきなり別の話をされたら不快に感じるでしょう。

 

このように空気が読めない人は、自分のことを優先した発言をしやすいので見直さなければいけません。

 

 

特徴2.人の話を聞くのが好きではない

 

 

空気が読めない人は基本的に相手の話を聞いていません。特に自分に興味がない話だと顕著です。

 

たとえば興味のない話をされると上の空になったり、相槌が適当になったりします。適当に聞いていた結果、相手からあきれられてコミュニケーションもうまくいきません。

 

たしかに興味がない話は聞くのも疲れますが、会話は自分の好きなことだけでは成立しません。相手の話もしっかりと聞いて、返事を返す必要があります。

 

 

特徴3.マニュアルに従った行動しかできない

 

 

マニュアルに従った行動しか取れない人も空気が読めない人の大きな特徴です。

 

マニュアル人間の場合は想定外の出来事が起きてしまうと対応できなくなります。予想していなかった角度の話をされると、パニックになってそのままあたふたしがちです。逆に空気が読める人は、いきなり想定外の話をされても臨機応変に対応します。

 

マニュアルどおりに行動するのは悪いことではありませんが、会話においては例外です。周囲の雰囲気を理解しながら、的確に行動を変えなければ空気の読める人にはなれません。

 

 

特徴4.感じたことをすぐ口に出してしまう

 

 

空気を読まない人に多いのが、思ったことを口に出してしまう人です。

 

空気が読めるたいていの人間は、話し相手や会話の内容から言ってはいけない言葉を自然と把握します。たとえば、空気が読める人なら最近太ってきた女性に対して「最近太ったね」とは言いません。

 

一方で空気が読めない人は感じたことをそのまま口に出してしまいます。そのため、最近太った人がいれば「最近太ったけど何かあったの?」と聞いてしまいがちです。

 

このように感じたことをそのまま口に出している人は、嫌われるのも遅くありません。

 

 

特徴5.軽いジョークをそのまま受け取ってしまう

 

 

空気が読めない人は柔軟にその場の会話の意図を読み取るのが苦手です。会話の流れで誰かが言った冗談を真実として受け取ってしまいます。

 

仮に会話の流れで「今度の休みに飲みに行こう」と誰かが発言したとしましょう。本当に飲みに行きたくて発言している可能性もありますが、勢いで言ってしまった可能性も同じくらいあります。

 

空気が読める人なら「今の発言は社交辞令だな」と判断できますが、ジョークだとわからない人はそのまま受け取ってしまいます。その結果「いつ飲みに行きますか」と話を広げて、微妙な空気になることもあるでしょう。

 

空気が読めない人は周りの状況を把握できないことが大きな原因なので、会話の流れを把握することが大切です。

 

 

空気が読めない状態を直したい人が確認すべきポイント

 

 

空気が読めない状態を直したい人は以下の対策を検討してみてください。

 

  • 空気を読むのが上手な人を参考にする
  • 会話にオウム返しを織り交ぜる
  • 失敗した状況を振り返って対策する
  • 会話は基本的に相槌で済ませる
  • 人となるべく関わらないようにする

 

続いて5つのポイントを具体的に紹介していきます。

 

 

ポイント1.空気を読むのが上手な人を参考にする

 

 

世の中には空気を読むのが上手な人もいます。たとえば、以下のような人は空気を読むのが上手な人の特徴です。

 

  • 気配りができている
  • 集団の輪にすんなりと入ってくる
  • 愛嬌がある
  • 幅広い知識を持っている
  • 聞き上手

 

空気を読むのが上手な人は共通して観察力や聞く能力が高いです。観察力があるので、すんなりと輪の中に入ったり、その場を上手に回したりできます。

 

そんな空気を読むのが上手な人が何をしているのか観察することで、自分に足りていないものが見えてきます。良い見本となる人物がいる場合は、まずその人の会話術を観察し、マネしてみましょう。

 

 

ポイント2.会話にオウム返しを織り交ぜる

 

 

会話するのがあまり得意でない場合はオウム返しすることから始めてみてください。オウム返しでも言い方次第では会話しているように聞こえます。

 

オウム返しする際は以下のように少しニュアンスを変えるのがポイントです。

 

相手の発言 オウム返し
会議の資料作っておいて 〇日に使う会議の資料のことですね
最近引っ越ししたんだ え、引っ越しされたんですか?今はどの辺に住んでいるのですか。
あのテレビおもしろいよね あのテレビは○○と言うところが特に良いですね。

 

このようにまったく同じことを繰り返さなければ違和感はありません。オウム返しに慣れてくると会話もふつうにこなせるようになるので、まずはオウム返しから始めるのがおすすめです。

 

 

ポイント3.失敗した状況を振り返って対策する

 

 

空気が読めない人は自分のひと言で空気を換えてしまうこともあります。もし自分が発言してから周りの人がギクシャクし始めたら、どの発言が悪かったのか振り返ってみましょう

 

失敗した状況を振り返って何が悪いのか特定できると、あとは同じ状況になった際に以前と同じ発現を控えるだけです。

 

 

ポイント4.会話は基本的に相槌で済ませる

 

 

会話の仕方がわからない場合は相槌で無難に済ませるのも効果的です。余計な発言をして空気を乱すくらいなら、相槌で終わらせておけば事態は悪化しません。

 

ただ、ずっと相槌していると違和感があります。もしくは相手からつまらない人だと思われるので、相槌を多用するのは控えましょう。なんて返したら良いかわからないときにだけ使うのがおすすめのやり方です。

 

 

ポイント5.人となるべく関わらないようにする

 

 

空気を読めない人は人と関わらないという方法も取れます。人と関わらなければコミュニケーションも発生しないので、空気を読めないと悩むこともありません。

 

しかし、人との関わりを断つと空気が読めない状態を直すことが不可能です。空気が読めない状態を直したいと思っている人はほかの対策を取りましょう。

 

空気が読めない人は工夫次第で直すこともできますが、障害が関係している場合は容易に直せません。

 

 

空気が読めない状態は発達障害が影響している可能性もあり

 

 

空気が読めない人の中には発達障害を持っている人もいます。発達障害は脳の一部に障害があるもので、知らない間に発症していることも多い障害です。

 

発達障害には主に3つの症状があって、特徴も大きく異なります。

 

症状 特徴
ADHD(注意欠陥多動性障害) ・じっとしていられない

・不注意なミスが多い

・突飛な行動をしてしまう

ASD(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群) ・コミュニケーションを上手に取れない
・関心度によって活動に大きな差が出る
LD(学習障害) ・読み書きや簡単な計算を苦手とする

 

空気が読めないと悩む人はASDの可能性があります。ASDは周囲の変化を読み取るのが苦手で、空気が読めない発言をしがちです。そのうえ、コミュニケーションが苦手な人もいるので、上手に会話できなくて空気がおかしくなることもあります。

 

ASDの場合、紹介した空気が読めない人の対処法を試してもなかなか改善しません。ひとりで悩みを抱えきれない場合は、就労移行支援に相談しましょう。

 

就労移行支援では障害を持つ人の社会参画をサポートしています。コミュニケーションのコツを学ぶこともできるので、しっかりと訓練を積めば会話能力も向上するでしょう。

 

就労移行支援は複数の場所に事業所があるので、自分の障害に合う事業所を選ぶことが大切です。

 

 

発達障害の対処法がわからない場合は「ディーキャリア」へ

 

 

ASDのような発達障害で社会活動に苦労している場合はディーキャリアがおすすめです。ディーキャリアは発達障害に特化して就労移行支援を提供しています。特定ジャンルに特化していることから実績が豊富です。

 

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)

 

ディーキャリアではコミュニケーション術を大切にしているので、上記のような実績が出ているのでしょう。「空気が読めない自分を直したい」という人はディーキャリアを利用してみてください。

 

ディーキャリアでは無料見学会を実施しているので、まずは気軽に事業所を訪れてみるのもおすすめです。

 

 

まとめ

 

 

空気が読めない人の特徴や直す方法を紹介してきました。

 

空気が読めない原因はさまざまありますが、中でも周囲の状況を把握できていないケースが大半です。周りの状況に合わせた発言ができずに、空気が読めないと思われてしまいます。

 

空気が読めない自分を直したい場合は、まず周囲になじむのが上手な人を観察しましょう。空気が読める人は何をしているのか見ることで、自分に不足しているところがわかります。

 

ただ、空気が読めない場合はASDの可能性も捨てきれません。ASDとなると自分だけで対処するのは難しいので、就労移行支援に頼って改善していきましょう。

カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー