#main-contents

仕事で怒られてばかりの人に共通する5つの特徴や対処法を紹介!

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は仕事で怒られてばかりの人に共通する特徴や対処法を紹介していきます。

 

会社で働いていると上司やお客さんから怒られることも珍しくありません。しかし、あまりにも怒られる回数が多いと自分が悪い可能性も十分に考えられます。

 

この記事では、仕事で怒られてばかりの人に共通する特徴を5つ紹介しています。怒られてばかりで仕事をやめたいと感じている人はぜひ確認してみてください。

 

 

仕事で怒られてばかりの人によく見られる特徴

 

 

仕事で怒られてばかりの人は以下の特徴に当てはまります。

 

  • 同じミスを繰り返す
  • ささいなミスが多い
  • 報告・連絡・相談しない
  • 何度も同じことを聞く
  • 自分に悪いところがあると認めない

 

では5つの特徴を詳しく紹介していきます。

 

 

特徴1.同じミスを繰り返す

 

 

仕事で怒られてばかりの人は同じミスを何度も繰り返してしまいます。

 

たいていの人は一度くらいのミスでは怒りません。注意を受けるくらいで終わるので、比較的穏やかな状態で終わります。

 

ただ、同じミスを何回も繰り返されると反省していないと思われるでしょう。怒る側としては何回も同じことを言っているのに、同じミスを繰り返されると腹を立てるのは当然です。

 

人間なので、多少ミスをするのは仕方ありません。しかし、同じことを3回以上繰り返すとたいていの人は腹を立てるので気を付けましょう。

 

 

特徴2.ささいなミスが多い

 

 

同じミスを繰り返さなくても、ちょっとしたミスが多い人も怒られやすい対象です。たとえば、数字を打ち込む際に桁を間違えたり、メッセージの送信先を間違えたりするのはささいなミスと言えます。

 

正直、ミスをゼロにするのはどのような人でも不可能です。しかし、小さなミスを繰り返していると不注意な人間だと判断されます。その結果、少しミスしただけでそのたびに怒られるようになります。

 

 

特徴3.報告・連絡・相談しない

 

 

社会人にとって報告・連絡・相談は基本的なことです。上司と密に連携することで仕事がスムーズに進みますが、報連相を怠る人は怒られます。

 

たとえば、上司と一緒に仕事をしている場合、注意事項をお互いに共有しなければ失敗に終わるでしょう。相談不足が原因で失敗すると「もっと早めに相談してくれたら失敗せずに済んだのに」と怒られることもあります。

 

ほかにも、報連相ができない人は約束事を守れない人という印象が強く残りやすいです。社会人のマナーが欠けていると思われる可能性もあるので、報連相はしっかりとしなければいけません。

 

 

特徴4.何度も同じことを聞く

 

 

同じ質問をする人も怒られやすい人の特徴です。何度も同じことを聞く人は覚える気がないと判断されてしまいます。やる気のない人に対して、何度も同じことを言うのはつらいでしょう。

 

会社において質問すること自体は悪いことではありません。むしろ質問して怒られるのが嫌だから独断で進めて、失敗したときの方が怒られます。

 

ただ、同じことを何回も聞くと相手も機嫌が悪くなってくるので、極力2回までで内容を覚えましょう。どうしても覚えられない場合は、聞いたことをメモしておくと、後から見返せるので聞き返す必要もありません。

 

 

特徴5.自分に悪いところがあると認めない

 

 

自分のミスを認めない人は特に怒られやすい人の特徴です。ミスをすると怒られるのが嫌だからといって、責任転嫁する人がたまにいます。責任を逃れても一時的に怒られる事態から逃れるだけで、見つかったときに激しく怒られる可能性が高いので危険です。

 

そのうえ、上司に対してウソをついたという悪い印象も持たれてしまいます。上司からの信頼が失われると、今後相手してもらえない可能性もあるので注意が必要です。

 

仕事で怒られてばかりの人は社会人として基礎的なことができていない傾向があるので、自分の行動を振り替えることが大切です。

 

 

仕事で怒られてばかりの状況がつらいときの対処法

 


仕事で怒られてばかりでつらくなってきたら以下の対処法を試しましょう。

 

  • 怒られたら素直に謝る
  • 怒られた理由を明確に理解して次に活かす
  • 自分のことを責めすぎない
  • ほかの上司に相談してみる
  • ほかの会社へ転職する

 

続いて5つの対処法を具体的に紹介していきます。

 

 

対処法1.怒られたら素直に謝る

 

 

ミスをしたり、報連相を怠ったりすると怒られますが、まずは誠実に謝罪しましょう。「申し訳ございません」と謝ることで、相手の気持ちを和らげることもできます。

 

ただ、謝罪する際はただ謝るだけでは不十分です。適当に謝っていると相手から「謝れば済むと思っているのか」と判断されます。

 

謝ることで相手の機嫌をさらに損ねないためにも、謝罪したあとはしっかりと事情を説明しましょう。ただ謝るのではなく、会話することで反省の気持ちも伝わってきます。

 

ちなみに事情を説明する際は言い訳を付けすぎると、責任転嫁しているように聞こえるので控えましょう。

 

 

対処法2.怒られた理由を明確に理解して次に活かす

 

 

怒られたあとはなぜ怒られたのか振り返ることが大切です。なぜ怒られたのか理由を明確にすることで、対策を練ることができます。

 

たとえば、上司に相談せず仕事を進めて怒られた場合は、作業前に相談しておけば次から怒られることもありません。

 

ほかにも何度も質問して怒られる場合は、話を聞いた後にメモしておけば聞き返すこともありません。

 

このように怒られる原因がわかると対策できます。怒られると精神的につらくて何も考えられなくなりますが、何が悪かったのか客観的に考えてみましょう。

 

 

対処法3.自分のことを責めすぎない

 

 

怒られたあとは必要以上に自分のことを責めてはいけません。怒られる原因はたいてい自分にありますが、あまり責めすぎると精神的に疲れます。責めすぎた結果、精神的に弱って倒れるリスクもあるので危険です。

 

怒られるのは仕方ないところもあるので、お叱りが終わったら切り替えて作業に戻りましょう。

 

 

対処法4ほかの上司に相談してみる.

 

 

特定の人から怒られてばかりの場合は、ほかの上司に相談してみるのもおすすめです。別の上司に相談することで、自分がなぜ怒られているのか客観的な意見を聞けます。

 

他人の意見は参考になるので、頼れる上司がいる場合は思い切って悩みを打ち明けてみましょう。

 

 

対処法5.ほかの会社へ転職する

 

 

異常な怒られ方をする場合は転職した方が身のためです。たまに自分に非がないのに、機嫌が悪いだけで怒ってくる上司がいます。自分に悪いところがない場合は、怒られる必要性はまったくありません。

 

上司のストレスを吐き出すための存在になるのは危険なので、悪質な上司がいる場合は転職しましょう。怒られるだけで転職しても良いのか悩む人もいますが、思い切って決断すれば明るい未来も見えてきます。

 

仕事で怒られてばかりの人は、まず怒られる理由を明らかにして、ひとつずつ対策していけば怒られる機会も減ってきます。

 

 

仕事で怒られてばかりの人は発達障害かも

 

 

仕事で怒られてばかりの人は一概にその人の個性というわけではなく、発達障害が影響しているケースもあります。発達障害とは、脳機能の発達に関する障害のことです。

 

発達障害には主に3つの症状があって、それぞれで特徴も大きく異なります。

 

症状 特徴
ADHD(注意欠陥多動性障害) ・じっとしていられない

・不注意なミスが多い

・突飛な行動をしてしまう

ASD(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群) ・コミュニケーションを上手に取れない
・関心度によって活動に大きな差が出る
LD(学習障害) ・読み書きや簡単な計算を苦手とする

 

発達障害には上記のような特徴がありますが、社会にまだまだ浸透していません。そのため自分が発達障害になっていないと気づかなかったり、会社から理解を得られなかったりします。

 

必要以上に同じミスを繰り返す人は発達障害の可能性が高まるので、医療機関に相談しましょう。診断した結果、発達障害を持っていることが判明したら、その事実に落ち込まず対応していくことが大切です。

 

障害者を支援する施設はたくさんあるので、ひとりで対応できない場合は遠慮せず頼りましょう。

 

 

発達障害でお悩みの人は「ディーキャリア」へ

 

 

自分が発達障害だと発覚した場合は、就労移行支援「ディーキャリア」を利用するのがおすすめです。ディーキャリアでは、一般企業で働くことを目的にさまざまな訓練を受けることができます。

 

ディーキャリアを利用すると具体的に以下のようなサポートを受けることが可能です。

 

  • 専門職員とのカウンセリング
  • 障害理解
  • 苦手分野の克服訓練
  • 転職サポート
  • 就労後の定着サポート

 

障害に関するあらゆることをサポートしてもらえるので心強い存在となってくれます。ちなみにディーキャリアは発達障害に特化して支援しているので実績も豊富です。

 

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)

 

就労移行支援事業所は複数ありますが、発達障害に特化した事業所でここまでの実績があるのはディーキャリアだけです。発達障害者にとっては最適な就労移行支援なので、生きづらさを感じている場合は利用してみてください。

 

ディーキャリアでは無料体験も実施しているので、まずは事業所を見学してみましょう。

 

 

まとめ

 

 

仕事で怒られてばかりの人に共通する特徴や対処法を紹介してきました。

 

怒られてばかりの人はミスが多かったり、何度も質問してきたりするのが大きな原因です。ミスするのは人間なので仕方ない部分ですが、何回も繰り返すと上司の機嫌を損ねます。

 

同じことを繰り返さないためにも、怒られたときは理由をはっきりさせて対策を練りましょう。「怒られたあとに対策」を繰り返していけば、徐々に上達して怒られるリスクも減らせます。

 

ただ、怒られてばかりの原因が発達障害に関係していることもあります。発達障害だと個人で対応するのが難しいので、医療機関や就労移行支援を頼りましょう。

<

カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー