#main-contents

特例子会社に就職するにはどうすれば良い?頼るべき5つの施設を紹介

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は特例子会社に就職するためにはどうすれば良いのか紹介していきます。

 

特例子会社は障害者に配慮した環境が整っていることが多いので、特例子会社に就職したいと考える人もいるでしょう。

 

しかし、特例子会社に就職するにはどうすればよいのかわかりづらいと思います。特例子会社の求人を探す場合は施設に頼るのがおすすめです。

 

そこで特例子会社を探すときにおすすめの施設や施設を利用した方が良い理由を紹介していきます。特例子会社に就職する予定の人はぜひ参考にしてください。

 

 

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を選ぶなら「ディーキャリア天王寺」がおすすめ。発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

本サイトでは、そのほかの事業所もまとめています。

また、公式LINEでは就労移行支援に関する情報もお届けしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 


特例子会社に就職するには施設を頼った方が良い理由

 

特例子会社は自分ひとりの力で探すことも可能ですが、以下の理由から施設を頼った方が良いです。

 

  • 特例子会社の数が少ないので探し出すのが困難
  • ひとりでは自分に合った特例子会社を探し出せない

 

では2つの理由を詳しく紹介していきます。

 

理由1.特例子会社の数が少ないので探し出すのが困難

 

特例子会社に就職すると言っても、そもそも会社の数が多くありません。2021年1月に発表された「令和2年 障害者雇用状況の集計結果」によると、全国にある特例子会社数は542です。

 

542社しかないので自分ひとりの力で探し出すのは困難でしょう。一方で施設に頼ると、特例子会社の求人が出るたびに職員が紹介してくれます。自分で探し出す手間が省けるので、面接対策や自己分析などほかのことに時間を割けます。

 

施設に頼った方が圧倒的に効率が良いので、一刻も早く特例子会社で働きたい場合は特におすすめです。

 

理由2.ひとりでは自分に合った特例子会社を探し出せない

 

特例子会社はただでさえ数が少ないですが、自分の条件に合った特例子会社となるとさらに数が減ります。

 

そのうえ、自分ひとりで企業の特徴を探るのは難しいです。情報はネットや口コミから得られますが、信頼性に欠けます。情報の少ない特例子会社に就職するのはさすがに怖いでしょう。

 

その点、特例子会社の求人を取り扱う施設を頼ると、一般的に公開されていない情報まで知ることができます。会社の細かい情報までつかめると、本当にその会社が自分に合っているのかわかって、就職後のミスマッチを減らすことも可能です。

 

特例子会社に就職するには施設に頼るのがベストです。基本的にメリットしかないので、以下で紹介する中からお好みの施設を選びましょう。

 

特例子会社に就職するときに頼るべき施設5選

 

特例子会社に就職するには以下の施設を利用するのがおすすめです。

 

  • ハローワーク
  • 障害者支援・生活センター
  • 障害者職業センター
  • 障害者専用の転職エージェント
  • 就労移行支援

 

ではそれぞれの施設について詳しく紹介していきます。

1.ハローワーク

 

仕事探しといえばハローワークです。そもそもハローワークとは、厚生労働省が全国500カ所以上に設置する公共職業安定所を差します。

 

仕事を探している人全員におすすめですが、実はハローワークには、一般向けの窓口と障害を持っている人向けの窓口があります。

 

そのうち、特例子会社の求人を探すなら障害者向け窓口です。障害者向け窓口を利用すると、担当者が親身になっていろいろ教えてくれます。

 

また、障害者窓口なら手話や筆談に対応できる人もいるので安心です。お住まいの近くにハローワークがある場合は、一度窓口を訪ねてみると良いでしょう。

 

2.障害者支援・生活センター

 

障害者支援・生活センターは障害者の就職活動支援と生活面の支援を行ってくれる施設です。厚生労働省が発表する「障害者就業・生活支援センターについて」によると、全国に336か所設置されています。

 

障害者支援・生活センターの就職活動だけでなく、生活面もサポートしてもらえるのが特徴です。仕事以外に悩みを抱えている場合は、障害者支援・生活センターを訪ねて相談してみると良いでしょう。

 

3.障害者職業センター

 

障害者職業センターは就職関連のサポートを行ってくれる施設です。障害者雇用促進法に基づいて、少なくとも各都道府県に1つずつ設置してあります。

 

就職に特化した施設なので生活面のサポートはほとんどありません。特例子会社の求人だけほしい場合はおすすめです。

 

4.障害者専用の転職エージェント

 

最近では障害者専用の転職エージェントというものも増えてきています。転職エージェントだと、ハローワークでは取り扱っていない案件を紹介していることも多いです。

 

そのうえ、転職サポートもあるので面接対策や自己PRの書き方などを教えてもらえます。特例子会社の場合も一般企業と同じで面接や書類審査がありますが、サポートがいると心強いでしょう。

 

転職エージェントはオンラインで利用できるケースも多いので、外出できない場合におすすめです。

 

5.就労移行支援

 

就労移行支援とは障害を持つ人が一般企業で就労することを目指して訓練する施設です。

 

ほかの施設と違って、障害の苦手分野を克服して、就職に挑むことができます。もちろん特例子会社の求人も取り扱っているので、仕事探しにもぴったりです。

 

現状において特例子会社で働くことに不安を感じている場合は、就労移行支援で訓練を積んで自信を付けると良いでしょう。

 

特例子会社に就職するためにおすすめの施設は5種類ですが、それぞれ特色が異なります。その中でもおすすめなのが就労移行支援です。

 

特例子会社への就職を目指す人が就労移行支援を利用するべき理由

 

特例子会社に就職するために就労移行支援を利用した方が良い理由は以下の通りです。

 

  • 障害理解を深められる
  • 障害に合わせた訓練を受けられる
  • 就職・転職をサポートしてもらえる
  • 就労後の定着支援もある

 

では4つの理由を詳しく解説していきます。

 

理由1.障害理解を深められる

 

就労移行支援では障害について専門的知識がある人のカウンセリングを受けられます。カウンセリングを通して自分の障害について聞き出してくれるので、自分でも気づかないことを知れるでしょう。

 

障害は人によって特徴が異なるので、自分でも気づけていないことは意外と多いです。「なぜか失敗する」ということも、障害が関係しているかもしれません。

 

こういった自分が気づいていない問題も、就労移行支援の職員が見つけ出してくれます。自分の新たな一面を知ることで、より自分の可能性を伸ばせるでしょう。

 

理由2.障害に合わせた訓練を受けられる

 

カウンセリングを受けた後は、その人の特徴に合わせた訓練を受けられます。たとえば、コミュニケーションが苦手な場合は、コミュニケーションアップ訓練を受けられます。

 

ほかにも会社で役立つITスキルの習得や電話対応、社会人マナーなど幅広く学べます。訓練を通してさまざまなスキルを身につけると就職で有利に働くでしょう。

 

ただ、就労移行支援の訓練内容は事業所によって異なります。適当に選ぶと自分の障害や希望に合っていない訓練を受けることになるので注意が必要です。

 

理由3.就職・転職をサポートしてもらえる

 

就労移行支援では就職・転職サポートも受けられます。自分に合った案件を紹介してもらえるので、効率的に就職活動を進められます。もちろん面接対策や自己PRの書き方などのサポートもあるので安心してください。

 

また、場合によっては特例子会社ではなく一般企業へ就職することも可能です。そもそも就労移行支援は一般企業へ就労することを目的にしています。

 

訓練を受ければ一般企業で働く力が身につくので、頑張り次第で特例子会社より給料が高い一般企業へ就労することもできます。

 

実は特例子会社の給料は安いことが多いので、就職してからお金に困る人も珍しくありません。給料を基準に職場を選ぶ場合は一般企業の方が圧倒的に良いです。

 

しかし、本当に特例子会社より一般企業の方が良いとも限りません。その人の希望や障害によって向き・不向きがあります。理想的な就労を実現するためにも、就労移行支援のスタッフとはよく話し合いましょう。

 

理由4.就労後の定着支援もある

 

就労移行支援では就労した後の定着支援も受けられます。就労移行支援でしっかりと訓練を積んでも、いざ現場に赴くと活躍できないことも多いです。

 

就労移行支援と現場のギャップに悩み、相談できる人もいなければひとりで頭を抱えることになります。その結果、せっかく内定をもらったのに早期離職する事態になりかねません。

 

就労後に困ったことが発生しても、就労移行支援なら職員に話すと相談に乗ってくれます。「このようにすれば良い」と提案してくれるので非常に心強いです。

 

場合によっては就労移行支援の職員が会社の責任者に伝えてくれることもあります。いずれにせよ、自分の味方になってあらゆるサポートをしてくれるので、後は自分で行動するだけです。

 

就労移行支援は障害を持っていて、仕事探しで困っている場合にぴったりの施設です。利用料金も原則無料なので安心ですよ。

 

発達障害を持つ人は就労移行支援「ディーキャリア」がおすすめ

 

障害の中でも発達障害を持つ人はディーキャリアがおすすめです。ディーキャリアには以下の実績があります。

 

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)

 

ディーキャリアは発達障害専門の就労移行支援なので、発達障害に関するノウハウがすさまじいです。その証拠に6か月の職場定着率が90%を超えています。

 

障害者職業総合センターの「障害者の就業状況等に関する調査研究」によると、3か月後の定着率は8割、1年後の定着率は7割です。

 

データを見ると、いかにディーキャリアの職場定着率が優れているのかわかるでしょう。ディーキャリアを利用した人が長期就労できているのも、優れたカウンセリングと訓練があるからです。

 

発達障害を持っている場合は一度ディーキャリアに相談してみると良いでしょう。

 

ディーキャリアでは全国の各事業所で無料見学会を実施しています。完全無料で事業所を見学できるので気軽に訪れてみましょう。

 

まとめ

 

特例子会社に就職するにはどうすれば良いのか解説してきました。特例子会社への就職を希望する場合は、特例子会社の求人を取り扱う施設を頼るのがおすすめです。施設に行けば効率的に求人を探せます。

 

特例子会社の求人を取り扱う施設は複数ありますが、中でも就労移行支援がおすすめです。就労移行支援に行けば、担当職員が二人三脚でサポートしてくれます。訓練を積めば一般企業への就労も可能なので、選択肢もより広がるでしょう。

カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー