#main-contents

特例子会社で働く発達障害者の評判とは?企業選びのポイントも解説

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は特例子会社で働く発達障害者の評判を紹介していきます。

 

特例子会社は障害を持つ人にとって働きやすい環境を整えているのが大きな特徴です。

 

しかし、発達障害者にとっても働きやすいのか気になりませんか。発達障害は人によって特徴が大きく異なるので、本当に特例子会社なら大丈夫なのか不安になると思います。

 

そこで特例子会社で働いている人の評判を紹介していきます。失敗しない特例子会社の選び方も取り上げているので参考にしてください。

 

 

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を選ぶなら「ディーキャリア天王寺」がおすすめ。発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

本サイトでは、そのほかの事業所もまとめています。

また、公式LINEでは就労移行支援に関する情報もお届けしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 


特例子会社で働く発達障害者の口コミ

 

実際に特例子会社で働いている発達障害者の口コミを3つ紹介します。発達障害を持つ人が特例子会社でどのようなことを感じているのか確認してみてください。

 

口コミ1.発達障害を持つ人同士でトラブルになった

 

私は発達障害を持っていて特例子会社で働いていますが、過去に同僚とのトラブルが発生しました。もめた内容は大したことありませんでしたが、お互いに発達障害を持っているからか話がかみ合いませんでした。

 

特例子会社の従業員は障害者だから、お互いに分かり合えると思っていただけに残念です。特例子会社でも人間関係のトラブルは起こりうるので、これから特例子会社に勤める予定の人は気を付けてください。

 

口コミ2.発達障害による配慮を受けられなかった

 

一般的に特例子会社は障害に配慮されていますが、私の場合はそこまで気遣われているとは感じませんでした。特に上司の対応が悪く、中にはまともに話を聞いてくれない人もいました。

 

障害者同士は比較的仲が良いですが、障害を持っていない人とのトラブルはあります。やはり障害を持たない人に発達障害の気持ちはわからないのでしょう。

 

口コミ3.非正規雇用が多い

 

特例子会社は非正規雇用で雇われる人が多いです。かくいう私も非正規雇用ですが、非正規雇用だと収入が高くありません。

 

毎月ぎりぎりの収入しかもらえないので、生活も厳しいです。特例子会社は個人的に働きやすいと感じますが、非正規雇用で給料が安いのは堪えられません。

 

特例子会社で働く発達障害者にとってあまり評判が良いとは言えません。特例子会社で働く多くの人が何かしらの不満を感じているようです。

 

発達障害者にとって特例子会社の評判が悪い理由

 

特例子会社で働く発達障害者の口コミを見ると辛らつな意見が多いです。発達障害者にとって特例子会社の評判が悪い理由は主に5つあります。

 

  • 発達障害は人によって症状が大きく異なる
  • 会社によっては発達障害の知識が薄いこともある
  • コミュニケーションが苦手な発達障害者も現場にいる
  • 最低賃金で給料が設定されるので薄給
  • 業務が単調すぎるから面白くない

 

では5つの理由を詳しく紹介していきます。

 

理由1.発達障害は人によって症状が大きく異なる

 

発達障害は人によって大きく症状が異なります。たとえば、コミュニケーションが苦手な人もいれば、集中するのが苦手な人もいます。人によって症状が異なるため、会社からの理解を得られないことも多いです。

 

理由2.会社によっては発達障害の知識が薄いこともある

 

会社によってはあまり障害のことを真剣に考えていない企業もあります。

 

そもそも企業が特例子会社を設立する理由は、野村総合研究所の調査によると以下の結果になっています。

 

特例子会社設立の目的 割合(100%)
障害者雇用の上昇 80.5%
CSRへの貢献 61.5%
障害者を雇用しなかった場合に支払う納付金の削減 41.4%
売上・利益への貢献 24.3%

 

大部分の企業が障害者雇用率の上昇を目的に特例子会社を設立しています。従業員が多い企業は法定雇用率に応じて障害者を雇う必要がありますが、その目的を達成しているためだけに特例子会社を設置しています。

 

障害者さえ雇えれば問題ないと考える企業の場合は、障害に関する知識が薄いです。障害者が働きやすい体制になっていなかったり、従業員も障害者の特徴を理解していなかったりします。

 

特例子会社のすべてが働きやすいとは言えないので気を付けましょう。

 

理由3.コミュニケーションが苦手な発達障害者も現場にいる

 

コミュニケーションが苦手な発達障害者からすると、同じ職場で働く人との人間関係で悩みがちです。特例子会社にも人間関係はあるので、コミュニケーションが苦手だとなじめません。

 

うまく会社になじめないと、せっかく入社したのに退職を迫られることもあります。

 

理由4.最低賃金で給料が設定されるので薄給

 

野村総合研究所の調査では、給与制度に最低賃金を考慮して設定している会社が85.7%もあります。

 

給料が安いと会社での働きやすさとは別の問題が発生するので、特例子会社は働きづらいとコメントする人も多いです。特に収入源が会社員のお金だけだと、特例子会社の給料では厳しいでしょう。

 

理由5.業務が単調すぎるから面白くない

 

特例子会社の仕事内容は障害者が働くことを前提に作られています。たとえば、以下の仕事内容を割り振ることが多いです。

 

  • オフィスや工場の清掃
  • サポート業務
  • メールの仕分け
  • 印刷
  • 工場製品の組み立て

 

このようなだれにでもできる作業が多いです。仕事内容が簡単だとすぐに取り組めるメリットもありますが、単調過ぎる作業はやりがいがありません。

 

そのうえ、ずっと同じ作業を繰り返していると、集中力が切れることもあります。発達障害の中には、興味のないことだと集中力が切れやすい人もいるので余計につらいでしょう。

 

特例子会社の実態はあまり良いとは言えません。特例子会社だから安心して働けるわけではないので気を付けてください。

 

発達障害者が特例子会社を選ぶときのポイント

 

発達障害を持つ人が特例子会社を選ぶときは、以下のポイントをチェックしておきましょう。

 

  • 職場にどの障害を持つ人がいるのか調べる
  • 自分の障害と仕事内容がマッチするか考える
  • 求める給料水準や昇給制度があるか
  • 特例子会社の求人を取り扱う施設に相談する

 

続いて4つのポイントを詳しく紹介していきます。

 

ポイント1.職場にどの障害を持つ人がいるのか調べる


特例子会社を選ぶときは、職場にどの障害を持つ人がいるのか事前に調べておくことも大切です。仮に発達障害を持つ人が少ないと、その会社では発達障害のノウハウがないことも考えられます。

 

発達障害の経験が薄いと不都合を感じることも多くなるでしょう。日々の負担がたまって体調を崩す可能性もあります。

 

安心して働くためにも、発達障害を持つ人が活躍する職場を選ぶのが理想です。

 

ポイント2.自分の障害と仕事内容がマッチするか考える

 

特例子会社ではその会社によって仕事内容が異なります。軽作業であることは同じですが、その中でも仕事はさまざまです。

 

求人広告や面接などでその会社で行う仕事内容を見て、自分でも行えそうか判断しましょう。また、その仕事を継続して行えるかどうかも重要です。

 

発達障害の中には、自分が興味のあることでなければ集中力がもたないケースもあります。思い当たる節がある場合は特に注意しておきましょう。

 

ポイント3.求める給料水準や昇給制度があるか

 

給料を気にする場合は給料の設定や昇給制度も大切です。一般的に特例子会社は給料が安く設定されています。

 

しかし中には、高報酬を用意している企業や昇給制度を設けている会社もあります。給料が高いとモチベーション維持にもつながるので、必ず報酬のシステムを見ておきましょう。

 

可能であれば障害者の昇給実績も見ておくとより良いです。障害者の昇給実績があると本当に昇給してくれるとわかるので、給料アップに向けて集中して働けます。

 

ポイント4.特例子会社の求人を取り扱う施設に相談する

 

特例子会社の求人探しは簡単ではありません。特例子会社の数が多くなく、企業によって特色が異なります。すべてを自分ひとりで調査するのは大変なので、施設を頼りましょう。

 

特例子会社の求人を扱う施設では、特例子会社の求人を紹介してくれます。さらに、外部には出回らない情報を持っていることもあるので、質の高い就職活動ができるでしょう。

 

ちなみに特例子会社の求人を取り扱う施設は以下の通りです。

 

  • ハローワーク
  • 障害者支援・生活センター
  • 障害者職業センター
  • 障害者専用の転職エージェント
  • 就労移行支援

 

自分の理想に合った企業を探すためには就労移行支援がおすすめです。就労移行支援なら全国各地に事業所があるので通いやすいメリットもあります。

 

発達障害を持つ人は就労移行支援を利用するのがおすすめ

 

就労移行支援とは、障害を持つ人が一般企業へ就労することを目指して訓練する場所です。訓練で働く力をつけた後は、そのまま就職活動に移行できます。

 

職員のサポートを受けながら、訓練から就職までワンストップで行えるのが就労移行支援の大きな魅力です。


発達障害者が就労移行支援を利用するメリット

 

発達障害を持つ人が就労移行支援を利用するメリットは以下の通りです。

 

  • 発達障害についてより深く知れる
  • 自分の苦手分野に対する対処法を勉強できる
  • 就職や転職サポートを受けられる
  • 就労後の定着支援もあるので安心
  • 一般企業で働く力がつく

 

就労移行支援ではカウンセリングを受けられます。カウンセリングで障害の特徴や希望を聞いてもらって、そこからその人に合った訓練メニューを考えてくれます。

 

発達障害は人によって特徴が異なりますが、その人のことをしっかりと見てくれるので安心してください。

 

訓練を課題を克服した後はサポートを受けながら、一般企業や特例子会社への就職を目指します。無事内定を勝ち取れた後も、定着支援で徹底サポートしてくれるので長期就労できるでしょう。

 

発達障害を持つ人はディーキャリアがおすすめ

 

障害の中でも発達障害を持つ人はディーキャリアがおすすめです。ディーキャリアには以下の実績があります。

 

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)

 

発達障害専用のディーキャリアは発達障害のノウハウが優れているので、職場定着率が90%を超えています。ディーキャリアを利用した大半の人が長期的に働くことに成功しているので信頼性が抜群です。

 

発達障害を持っていて仕事探しに苦労している場合は、一度相談してみましょう。

 

ディーキャリアでは無料見学会を実施しています。見学会では簡単なカウンセリングや訓練体験をできるので、事業所の雰囲気を確かめたい場合はぴったりです。

 

まとめ

 

特例子会社に通う発達障害者の評判や失敗しない特例子会社の選び方を紹介してきました。発達障害者にとって特例子会社はあまり評判が良くありません。障害に考慮してもらえず、時には従業員同士でもめることもあるようです。

 

特例子会社はそれぞれ特色があるので、自分に合った会社を選ぶ必要があります。特例子会社を探すにあたっておすすめなのが就労移行支援を利用することです。

 

就労移行支援ではそれぞれの課題を克服して、社会人スキルが身についた後に就職することができます。社会人スキルさえあれば一般企業で働くことも可能です。自らの可能性を伸ばすためにも、一度就労移行支援を訪れてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー