#main-contents

【必見】特例子会社の実態を徹底調査して判明した6つのリアルを紹介

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!今回は特例子会社の口コミから実態を紹介していきます。


障害を持っていると就職先として特例子会社を選びたいと考える人もいるでしょう。特例子会社の場合は障害に配慮した環境であることが多いので、障害者でも働きやすいです。

 

しかし、本当に特例子会社が働きやすい職場なのか気になると思います。そこで特例子会社の実態を紹介していきます。特例子会社への就職を考えている場合はぜひ参考にしてください。

 

 

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を選ぶなら「ディーキャリア天王寺」がおすすめ。発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

本サイトでは、そのほかの事業所もまとめています。

また、公式LINEでは就労移行支援に関する情報もお届けしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 


特例子会社就労者の口コミから見た実態

 

実際に特例子会社を利用している人の口コミから実態を調査してみました。3つの口コミを紹介するので、まずは特例子会社の実態がどのようになっているのか見ていきましょう。

 

口コミ1.特例子会社でも障害に理解がない上司もいる

 

特例子会社で働いていますが、上司の中にも障害に対して理解がない人もいます。事前に研修で障害について勉強しているはずなのに、まったく障害のことを理解していません。

 

たとえば以前に、話もまともに聞いてくれず、切り捨てられた経験があります。特例子会社だから自分らしく働けると思ったのに残念でなりません。

 

口コミ2.給料が安くて生活できない

 

特例子会社は会社の法定雇用率を満たすためだけの存在だから給料が安いです。たしかに一般企業よりは障害に配慮されているので働きやすいと感じます。

 

しかし、正社員で働いているのに毎月15万円程度しかもらえません。年齢を重ねてお金が必要になってきているので、毎月15万円だと厳しいです。

 

口コミ3.障害者同士でもいじめがある

 

特例子会社は障害者同士のいじめが発生することもあります。特例子会社なので同僚も障害者です。

 

同じ障害者なので障害について理解があると思いきや、障害はその人によって特徴が異なります。その結果、お互いに相手を理解できず、同僚ともめる光景を見てきました。特例子会社だからといって、人間関係が良くなるわけではないので気を付けてください。

 

特例子会社の実態を見ると、あまり良いコメントがありません。障害者のために作られた特例子会社制度ですが、現状だとうまく機能していないようです。

 

調査から判明した特例子会社の実態6選

 

口コミや調査の結果から、特例子会社の実態は以下のものになっていました。

 

  • 全員が障害に理解があるとは限らない
  • 一般企業より給料が安い傾向にある
  • 同じ境遇の障害者でもトラブルになることがある
  • 特例子会社の数が少ないので就職できない
  • 仕事が単調でやりがいを感じられない
  • 必ずしも働きやすい環境とは言えない

では6つの実態を深掘りしていきます。

 

実態1.全員が障害に理解があるとは限らない

 

特例子会社は一般的に障害の理解が深い人ばかりです。会社によっては従業員に研修して、障害者とはいったいどういうものか理解させることもあります。

 

しかし、全員が障害について同じレベルの理解があるとは限りません。もちろん障害者ということを理解して接してくれる人もいますが、中には障害を持たない人のように扱う人もいます。

 

そのうえ、障害の症状は人によって異なるので認識のズレが生じることも多いです。同じ発達障害でもコミュニケーションが苦手な人もいれば得意な人もいます。

 

自分が持つ障害の深いところまで理解してくれる人はほとんどいません。結果的に我慢して働くことになり、場合によっては体調を崩すこともあるでしょう。

 

実態2.一般企業より給料が安い傾向にある

 

口コミにもありましたが特例子会社は基本的に給料が安いです。野村総合研究所が調査した結果によると、特例子会社に勤める人の給料は以下の結果になっています。

 

年収 割合
101~150万 21.6%
151~200万 33.5%
201~250万 21.6%
251~300万 10.8%
301~350万 7.2%
351~400万 3.0%
401~450万 1.2%
451~500万 1.2%
500万以上 1.2%

 

70%以上もの人が年収250万円以下です。年収が300万円以上ある人にいたっては、10%程度しかいません。

 

この結果を見ると、やはり特例子会社の給料は安いという実態は本当だと言えるでしょう。

 

実態3.同じ境遇の障害者でもトラブルになることがある

 

特例子会社だからといって人間関係が良いとは限りません。一般企業に障害者が務めると障害について理解してもらえないことから、人間関係のトラブルに発展することもあります。

 

その点、特例子会社は同僚も障害を持っているので人間関係が発生しづらいです。しかし、障害者も同じ人間なので、中には気に入らない人に対しては態度で示すこともあります。

 

たとえば、その人のせいで自分の作業量が増えたら嫌に感じることもあるでしょう。特例子会社でも人間関係のトラブルは存在するので注意が必要です。

 

実態4.特例子会社の数が少ないので就職できない

 

特例子会社はそもそも数が多くありません。2021年1月に発表された「令和2年 障害者雇用状況の集計結果」によると、特例子会社の数は542社でした。一般企業の求人数は全国に数えきれないくらいあります。

 

そのうえ、特例子会社は枠が少ないので、ひとつの求人に応募者が多数押し寄せることもあります。面接や審査でライバルと比較されるので、面接対策をしておかないと内定を勝ち取れません。

 

このように特例子会社の求人数が圧倒的に少ないことから、そもそも特例子会社に内定できないこともあります。

 

実態5.仕事が単調でやりがいを感じられない

 

特例子会社は基本的に軽作業を任されます。軽作業だと障害を持つ人でも作業できる可能性が高いですが、やりがいはあまりありません。

 

たとえば、1日6時間も袋詰めのような単純作業をしていると飽きてきます。「この仕事は自分でなくてもできるのではないか」と思ってしまい、仕事にやりがいも感じられないでしょう。

 

特に飽きっぽい人やじっとして作業することが苦手な人は、特例子会社の仕事がつらいと感じやすいです。

 

実態6.必ずしも働きやすい環境とは言えない

 

特例子会社は障害者にとって働きやすい環境になっていることが多いです。たとえば、勤務形態にフレックスタイム制や時差出勤を採用してくれたり、社内がバリアフリー化したりしています。

 

しかし、その特例子会社が自分にとって働きやすい環境とは限りません。たとえば、身体障害者用の環境になっていても、発達障害向けの環境になっていないこともあります。

 

そのうえ、企業によって作業環境レベルは異なるので、中にはあまり障害者向けになっていない企業もあります。特例子会社だからといって絶対に働きやすいとも限らないので注意しましょう。

 

特例子会社のすべてが必ずしも良い職場とは限らないのが実態です。特例子会社によって特色が異なるので、仕事探しが重要なポイントになってきます。

 

特例子会社への就職で苦労しないためにすべきこと

 

特例子会社で苦労しないためにも、就職する前に以下のポイントをおさえておきましょう。

 

  • 企業の実態を事前に調査する
  • 特例子会社の求人を紹介する施設に頼る

 

続いて2つのポイントを解説していきます。

 

1.企業の実態を事前に調査する

 

一言で特例子会社といっても、一般企業と同じで企業によって特色が異なります。適当に選ぶと自分に合わない職場で働くことになるので、入社までにしっかりと見極めておきましょう。

 

仕事探しにおいて特に重要な項目が以下の通りです。

 

  • 労働環境
  • 給料
  • 作業内容
  • どの障害の人が働いているか

 

上記の4つをメインに、ほかにも気になることがある場合は、面接の段階でしっかりと聞いておきましょう。

 

2.特例子会社の求人を紹介する施設に頼る

 

自分に合った特例子会社を探すためには事前調査が必須ですが、自分ひとりで情報を見つけ出すのは難しいです。ネットや求人を使えばある程度集まりますが、それでも限界があります。

 

質の良い情報をつかむためにも、特例子会社の求人を取り扱っている施設を利用しましょう。たとえば、以下の施設であれば特例子会社の求人があります。

 

  • ハローワーク
  • 障害者支援・生活センター
  • 障害者職業センター
  • 障害者専用の転職エージェント
  • 就労移行支援

 

上記の施設を利用すると、おもてに公開されていない情報をゲットできる可能性が高いです。そのうえ、数少ない特例子会社の求人を紹介してくれるので、仕事探しの手間も減ります。

 

施設を利用すると効率的に就職活動が進むので、早期で良い職場と出会えるかもしれません。

 

特例子会社を探す場合は施設に頼るのが手っ取り早いです。ひとりで就職活動すると精神的にも疲れてくるので、だれかの力を借りることも覚えましょう。

 

特例子会社の就職を目指す人は就労移行支援がおすすめ

 

特例子会社の求人を取り扱う施設で5種類紹介しましたが、中でも就労移行支援がおすすめです。

 

就労移行支援とは、障害を持つ人が一般企業へ就労することを目的に利用する施設のことを指します。主に訓練を受ける施設ですが、訓練を受けて力が付いた後に求人を紹介してもらう流れです。

 

就労移行支援を利用するメリット

 

就労移行支援を利用することで以下のメリットがあります。

 

  • カウンセリングを通して障害理解を深められる
  • コミュニケーションやITスキルアップの訓練を受けらえる
  • 自分にマッチした特例子会社を紹介してもらえる
  • 就職サポートをしてもらえる
  • 就労後の定着支援もある

 

就労移行支援の場合はカウンセリングを受けて、自分の苦手分野を克服できるところが大きなメリットです。

 

障害を持つ人にはそれぞれ苦手なことがありますが、担当職員と一緒になって訓練できます。献身的なサポートがあるので、真面目に取り組めば一般企業で働ける能力が身につくでしょう。

 

力が付いた後は就職サポートを受けながら転職活動できるので安心です。仮に就労できた後も困ったことがあればスタッフに相談できます。話を聞いたスタッフは良い提案をしてくれるので、長期就労も夢ではありません。

 

発達障害を持つ人はディーキャリアがおすすめ

 

障害の中でも発達障害を持つ人はディーキャリアがおすすめです。ディーキャリアには以下の実績があります。

 

  • 就職後の職場定着率…93.4%(就職後6か月の数値)
  • 就職時の平均給与…19.1万円
  • 利用満足度…93.3%(2020/12/~2021/1のアンケートによる)

 

ディーキャリアは発達障害に特化した就労移行支援です。発達障害に関して非常に優れたノウハウを持っているので、発達障害をお持ちの方は利用してみると良いでしょう。

 

ディーキャリアでは無料相談も随時受け付けています。事業所も各地にあるので、お住まいの近くに事業所があるかどうか公式サイトで確認してみましょう。

 

まとめ

 

特例子会社の実態について紹介してきました。実態を見ると、障害者にとって必ずしも特例子会社が良いとは言えません。利用者の口コミを見ても、特例子会社に良い評価を下している人は少ないです。

 

特例子会社の中にも良い企業はあるので、企業選びが重要になってきます。良い企業と巡り会うためにも就労移行支援を利用しましょう。

 

就労移行支援を利用すると、担当職員がカウンセリングしてくれて苦手分野を克服できます。そのうえで仕事も紹介してくれるので、障害を持っていて仕事探ししている人にはぴったりです。

カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー