#main-contents

ADHDを持つ人の向いてる仕事とは|長続きさせる秘訣も紹介

ディーキャリア天王寺

 

ADHDを持っているとケアレスミスが多い、確認作業が苦手などの特徴から仕事が続かないことが多いです。仕事が続かない場合は基本的に向いてない仕事に就いている可能性があります。

 

元就労移行支援員のナカムラです。今回の記事ではADHDの人が向いている仕事について詳しく紹介していきます!

そこでADHDを持つ人が向いてる・向いてない仕事を紹介していきます。ADHDを持っていて、なかなか就職活動が進まないという方は参考にしてください。

 

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を選ぶなら「ディーキャリア天王寺」がおすすめ。発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

本サイトでは、そのほかの事業所もまとめています。


ADHDを持つ人の特徴や症状とは

 

ADHDを持つ人には以下の症状があります

  • 不注意
  • 多動性
  • 衝動性

ADHDを持つ人の症状は主にこの3つです。では3つの症状について詳しく紹介していきます。

 

不注意の特徴や症状

不注意では以下のような症状が見られます。

  • ケアレスミスが多い
  • 忘れ物が多い
  • 確認作業が苦手
  • 興味がないことだと集中力が持続しない

このようにミスが多い、集中力が続かないので単純作業が苦手です。その一方で興味のある分野なら時間を忘れて没頭できます。

 

ADHDは一般的に集中力が長続きしませんが、自分の好きな分野なら別です。

 

例えばゲームが好きなら1日中できるという人もいます。これを仕事に当てはめると健常者以上の集中力を発揮できるでしょう。

 

また、マニュアルが充実していて、いつでもそれを確認できる環境だと健常者と同様のレベルで働くこともできます。

 

多動性の特徴や症状

多動性の主な症状はこちらです。

  • 無意識で体を動かしてしまう
  • 話し始めると止まらない
  • じっとしていられない

多動性はじっとしていられないという特徴がありますが、逆に言うと行動力があるということです。

 

思い立ったらすぐに決断して行動できるので、悩む時間が少ないというメリットがあります。

 

衝動性の特徴や症状

衝動性に見られる症状はこちらです。

  • 思ったことをすぐに口に出す
  • 欲求を制御できない
  • イライラしやすい

衝動性では自分を抑えられないという特徴がありますが、好奇心が旺盛というメリットもあります。

 

気になることがあると突き詰めたくなるので、好きな仕事をしているとその能力がいかんなく発揮されるでしょう。

 

ADHDの人に向いてる仕事・向いてない仕事

 

ADHDを持つ人には一般的に以下の強み・弱みがあります。

強み

  • 発想力に富んでいる
  • 好奇心旺盛
  • 興味のある分野では集中力を発揮する
  • 決断力がある

弱み

  • 単純なミスが多い
  • 計画的な仕事が苦手
  • マルチタスクが苦手
  • 他人の話を聞かずに行動しがち

ADHDを持つ人全員に当てはまるわけではありませんが、このような強みと弱みがあります。

 

他にも人柄が明るくて社交性がある人も多いです。

 

普通の人なら言えないようなことが結果的に良い方向に働くことがあります。その結果、会社にとって必要不可欠な人物になって、仕事が長続きしやすい場合もあります。

 

ではこれらの強みと弱みからどんな仕事が向いてる・向いてないのか紹介していきます。

 

ADHDの人に向いてる仕事

一般的にADHDの人が向いてる仕事はこちらです。

  • デザイナー
  • プログラマー
  • 建築家
  • スポーツ選手
  • 営業

このようにADHDの方は個人の能力を発揮できる仕事が向いてます。デザイナーやプログラマーはフリーランスになることで、自分のペースで作業を進められるので精神的に楽です。

 

最初は会社に勤めて、スキルが高くなってきたら独立することを考えるのも良いでしょう。

 

また、社交性がある場合は営業もおすすめです。特に歩合制の営業だと自分のやる気次第で収入がアップするのでやる気を持続しやすいです。

 

さらにADHDの特徴から、自分が好きな仕事は集中力が続きやすく、その分野を突き詰められます。

 

その結果、仕事で成功を収める可能性も十分にあるので、自分が好きなことを仕事にするのも良いでしょう。

 

ADHDの人に向いてない仕事

ADHDの人は以下のような仕事が向いてません。

  • マルチタスクな仕事(接客業や保育士など)
  • ミスをすることで生死に関わるような仕事(とび職やドライバー、医師など)
  • 単純作業が多い工場
  • チームプレーが必要とされる仕事

このようにいくつか向いてない仕事があり、中でも生死に関わる仕事はリスクが大きいです。

 

ADHDの特性上ミスが多いので、医師やドライバーに興味がある場合以外はあまりおすすめしません。

 

また、単純作業も興味がないと集中力が続きにくいです。その結果、ミスを起こす回数が増えるかもしれません。

 

ただ、その他の接客業やチームプレイが必要な仕事は社交性があれば向いてます。人柄の明るさがあると大いに活躍できるでしょう。

 

詳しくは「ADHD/発達障害の適職について」の記事を参考にしてください。

ADHDの人が仕事を長続きさせる方法

 

ADHDを持つ人が少しでも仕事を長続きさせる秘訣はこちらです。

  • 整理整頓する時間を作る
  • 自分向けのマニュアルを作る
  • ゲーム要素を取り入れる

ではこの3つの方法を実行すると具体的にどのような効果があるのか紹介していきます。

 

整理整頓する時間を作る

ADHDの方は片づけが苦手です。デスクの上に仕事に関係ない資料が散乱していたり、ものであふれて必要な資料がすぐに見つからないこともあります。

 

散らかった状態で仕事をしていると作業効率が悪く、他のことに集中がいきやすいです。特にADHDが集中が散りやすい傾向があるので、整理整頓するを作る必要があります。

 

例えば仕事が一息ついたらデスクを片付ける時間を作ると良いでしょう。そこから次の仕事の準備をすれば、デスクには必要な資料だけがある状態になり、集中しやすくなります。

 

また、頭の中を整理整頓する時間も必要です。ADHDの人は計画を立てるのが苦手という特徴もあります。

 

あらかじめ予定を組んでおかないと間に合わなくなることもあるでしょう。納期に後れを取らないためにも仕事の優先順位を確認することが大切です。

 

頭の中を整理する時間も仕事が一息ついた時にすると良いでしょう。この時に優先順位の確認をすると、スムーズに仕事を進められます。

 

自分向けのマニュアルを作る

ADHDの方は自分用のマニュアルを作っておくと仕事がしやすいです。

 

一般的に会社にはマニュアルが作られていますが、基本的に健常者向けに作られています。障害者向けの内容ではないので、ADHDの人には理解できない、情報が不足していることが多いです。

 

仕事で遅れを取らないためにも自分専用のマニュアルを作りましょう。作り方は会社のマニュアルの内容を取り入れつつ、自分が注意すべき点などの項目を追加すると安心です。

 

例えば自分の特性からここはミスしそうだと感じたら、作業に取り掛かる前にマニュアルを読むことをルールにすると良いでしょう。

 

自分専用のマニュアルを作ることで、ミスも減って作業効率もアップするのでおすすめです。

 

ゲーム要素を取り入れる

興味のない仕事でもゲームの要素を入れると興味をもてるかもしれません。例えば仕事には納期が決まっていますが、それより早く終わらせるなど目標を立てるとゲームっぽくなります。

 

ゲーム要素を取り入れることで仕事に興味を持てると集中力を発揮できます。場合によっては健常者以上の能力を発揮するのでハンディ―を背負わずに済むでしょう。

 

仕事探しに苦労している方は就労移行支援がおすすめ

 

ADHDの方に向いてる仕事を紹介しましたが、これは一般的なものです。ADHDは人によって症状が異なります。

 

そのため、仕事探しで失敗しないためには自分の特性をしっかり理解することが大切です。しかし特性を自分一人で理解するのも難しいでしょう。ADHDの特性を把握していない方は、就労御移行支援がおすすめです。

 

就労移行支援では障害を持っている人が一般企業で就労することをサポートしてくれます。その他にも就労移行支援には以下のメリットがあります。

  • ADHDについて理解を深められる
  • 訓練を通して体力や集中力がアップできる
  • コミュニケーションスキルを上げられる
  • 職業体験で実際に会社で働けるからミスマッチが起こりにくい
  • 就労後のサポートも受けられるので悩みができても安心

就労移行支援ではADHDについて理解するだけでなく、集中力の上げる訓練も受けられます。集中力が増えるとバリバリ仕事ができるようになるでしょう。

 

このようにADHDを持ってる人におすすめな就労移行支援ですが、事業所選びに失敗するとあまり効果を受けられないことがあります。

 

詳しくは「ADHDの就労移行支援について」の記事を参考にしてください。

失敗しない事業所選びとは

事業所選びで失敗しないためにも以下の点を押さえておきましょう。

  • 資格の取得よりも面接対策をメインにしている
  • 職業体験できる企業の数が豊富
  • 定着率・就職実績が高い
  • 自分が持ってる障害に合っているか
  • 自分の目的に合ったプログラムを行っているか

このように5つのポイントがあります。中でも自分の目的に合った事業所選びが大切です。

 

就労移行支援によっては障害に特化しているケースがあります。例えばADHDを持っている人が精神障害に特化している事業所に行っても効果は薄いです。

 

また、IT業界に興味がないのでITスキルの向上をメインとしている事業所に行ってもあまり意味がありません。

 

こういったように、自分の目的や障害に合わせて事業所を選ばないと無駄になる可能性があります。事業所を選ぶ時は障害と自分が興味のある分野の取り扱いがあるか見ておきましょう。

 

ちなみにADHDを持っている人は発達障害に特化しているディーキャリアがおすすめです。

 

就労移行支援ディーキャリアの特徴

発達障害に特化しているディーキャリアでは以下の特徴があります。

  • 就職後の定着率(1年間)が93.4%
  • 就職時の平均給料が19.1万円
  • 利用者はADHDやASD(自閉症スペクトラム障害)を持っている人が多い
  • 自分の苦手な分野に向き合うことでセルフケアなどの対策が分かる
  • コミュニケーション能力の向上ができる訓練がある
  • ITスキルの習得ができるプログラムもある

このようにADHDを持っている人にとってディーキャリアはメリットが多いです。特にプログラム数が豊富なので、まだ自分がしたい仕事が決まっていない時でも対応できる可能性が高いです。

 

そんなディーキャリアでは無料体験を実施しています。無料体験では事業所の雰囲気や、実際に利用している様子を見ることも可能です。

 

気になる方はディーキャリアのホームページから無料体験を応募してみるのも良いでしょう。


ディーキャリアについて知りたい方はこちら
【最新情報】ディーキャリアの評判・口コミまとめ【発達障害特化】

まとめ

 

ADHDは以下の強みを持っています。

  • 好奇心旺盛
  • 発想力に富んでいる
  • 興味のある分野では集中力を発揮する
  • 決断力がある
  • 社交性が高い

この強みから以下の仕事が向いてる・向いてません。

向いてる仕事

  • 個人の能力を発揮できる仕事(デザイナー、プログラマーなど)
  • 社交性がある場合は営業
  • 興味のある仕事

向いてない仕事

  • マルチタスクな仕事(接客業や保育士など)
  • ミスをすることで生死に関わるような仕事(とび職やドライバー、医師など)
  • 単純作業が多い工場
  • チームプレーが必要とされる仕事

この中から仕事を選ぶと成功するかもしれませんが、ADHDの症状は人によって異なります。そのため、仕事探しをするには自分の特性を理解することが大切です。

 

自分の特性を理解していない人は就労移行支援を利用するのも良いでしょう。就労移行支援なら就職のサポートもしてくれるので、就職活動がスムーズに進みます。

 

ただ、就労移行支援はあくまでサポートしてくれるだけです。自分で行動しないと結果は変わりません。自信を失っている人も、まずは就労移行支援の無料体験を受けることから始めましょう。

 

詳しくは「就労移行支援の体験利用について」の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪エリアで事業所を探していてる方に向けて、大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア天王寺」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー