#main-contents

就労移行支援CASTビジネスアカデミーの評判は?事務職ならココ!

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは!元・就労支援員のナカムラです!今回は神戸にある就労移行支援事業所、CASTビジネスアカデミーについて紹介します!

 

就労移行支援事業所は、長く働き続けるためにトレーニングする施設です。事業所によって学べることや得意とすることは異なりますので、事業所を決めるときには事前のリサーチが欠かせません。

 

この記事では、CASTビジネスアカデミーの特徴やメリット・デメリット、評判を詳しく紹介します。CASTビジネスアカデミーを候補にしている人は、事業所選びの参考にしてください。

CASTビジネスアカデミーについて

 

まずは、CASTビジネスアカデミーがどういった事業所なのかを見ていきましょう。

CASTビジネスアカデミーの概要

CASTビジネスアカデミーは神戸市西区にあります。神戸市営地下鉄の学園都市駅から徒歩2分と、通いやすい事業所です。

 

CASTビジネスアカデミーの概要は以下のとおりです。

 

事業所名 CASTビジネスアカデミー
所在地 神戸市西区学園西町1-1-1 ユニバープラザ3F
電話番号 078-792-8861
URL https://www.sfsuisei.org/info/cast-html/
定員 20名
就職者数(2019年度) 13名

 

CASTビジネスアカデミーを運営しているのは、社会福祉法人すいせいです。

 

会社名 社会福祉法人すいせい
所在地 神戸市垂水区御霊町6番10号
電話番号 078-704-3340
URL https://www.sfsuisei.org/
事業所数 4(就労移行支援事業所)

すいせいは、CASTビジネスアカデミーのほかに、3つの就労移行支援事業所と2つの就労継続支援B型事業所、障害者地域活動センターを運営しています。

 

障害に悩む大学生のための修学・就職支援プロジェクトも実施しており、幅広く障害がある人の就労支援に関わっているのが特徴です。

すいせいの就労実績

まずは、すいせいが公表している就労実績を見てみましょう

 

すいせいの就労実績は以下のとおりです。

就職率(2015年度) 80%
定着率(2015年度) 89%

 

全国平均は就職率が約22%、定着率は約74%ですので、すいせいの実績は全国平均を大幅に上回っていることがわかります。

 

続いて、就職者の障害種別を紹介します

就職者の割合(2015年度)
精神障害 41%
発達障害 38%
知的障害 17%
身体障害 4%

 

2015年度の就職者の割合を見ると、精神障害と発達障害がそれぞれ40%前後です。

 

すいせいは、精神障害者支援を軸として障害者福祉に取り組んでいます。発達障害がある人の支援にもノウハウが生かされ、精神障害と発達障害がある人の就職に結びつきました。

障害種別の定着率(2015年度)
精神障害 88.9%
発達障害 85.7%

定着率の全国平均は、精神障害が65.5%で発達障害が68.6%です。

 

精神障害や発達障害は、就職そのものよりも働き続けることが難しい傾向にあります。そのなかで、定着率が全国平均を上回っているすいせいの実績はかなり優秀だといえるでしょう。

 

詳しくは「就労定着支援の定着率について」の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

ほかの就労移行支援事業所との比較

 

続いて、CASTビジネスアカデミーの実績を、神戸市内にあるほかの事業所と比較してみます。

 

比較対象として、以下の7つの事業所をピックアップしました。

  • 全国展開する大手事業所3つ
  • すいせいの運営する事業所2つ
  • 事務系に特化した事業所2つ
事業所 定員 就労実績

(2019年度)

CASTビジネスアカデミー 20 13
JOBridge(ジョブリッジ) 20 10
Free-biz(フリービズ) 10 0
LITALICOワークス神戸 20 16
LITALICOワークス三宮 20 5
ウェルビー神戸三宮センター 20 11
就労移行支援事業所つばさ 20 1

 

すいせいが運営するFree-biz(フリービズ)は2019年4月開所のため、就労実績のデータはまだありません

 

LITALICOワークスやウェルビーといった大手は、サイトで公表されている全体の就労実績数や定着率は高めです。ただし、一事業所で見るとそこまで就職者が多くないケースもあります。

 

比較の際は、サイトで公表されている数字だけでなく、事業所単体での実績をチェックするようにしましょう

 

また、神戸市の資料では定着率を公開していませんが、事業所検討の際は定着率を確認することも大切です。

 

たとえば、当サイトがおすすめするディーキャリアの定着率は97.2%です。定着率が高いということは、就労移行支援で有効なトレーニングができた証でもあります。

 

Free-biz(フリービズ)のように、開所間もない事業所だとデータがないケースもあります。その場合は、数字ではなく実際に見学して確かめた雰囲気を参考にしましょう!

CASTビジネスアカデミーの特徴

 

次に、CASTビジネスアカデミーがどういった事業所なのか、その特徴をお伝えします。自分が就労移行支援事業所に何を求めるかを考え、希望と一致する事業所かどうかをチェックしましょう。

特徴1.オフィスワークに特化

すいせいの運営する事業所は、それぞれ目指す仕事に特化しているのが特徴です。

 

具体的には、各事業所で以下のような仕事や働き方を目指しています。

  • 自分に合った働き方
  • 早期の就職
  • アクティブワーク
  • デスクワーク

 

すいせいが運営する就労継続支援B型も、同じく事業所ごとに以下の目標を掲げています。

  • 短時間就労
  • 社会との繋がり

 

そのなかで、CASTビジネスアカデミーはオフィスワークに特化した事業所です。目指す職種に応じてトレーニングを積めるため、目的がぶれずに就職を目指せます。

特徴2.オフィスをリアルに再現した環境

 

オフィスワークに特化したCASTビジネスアカデミーでは、オフィスをリアルに再現した環境が用意されています。

 

学園都市駅から徒歩2分のところにある事業所は、「福祉」や「事業所」といった文字はどこにもなく、一見したところオフィスと変わりません。

 

障害福祉サービスを利用しているというよりも、通勤している感覚で通所できます。

特徴3.包括的な相談体制

すいせいには、生活相談や就労相談、発達障害に関する相談などができる窓口があります。

 

就労支援に関することだけでなく、生活に関する悩みや人付き合いの仕方など、さまざまな困りごとや悩みに対して包括的に相談できるのがうれしいですね。

 

また、すいせいは、生活訓練から就労応用訓練まで、段階を踏んだステップアップ支援システムを採用しています。

 

それぞれの段階に応じた事業所があるため、自分がどのステップなのか迷うかもしれません。そういったときには、すいせいコンシェルジュに相談できます。

 

すいせいコンシェルジュは、利用中はもちろん、利用する前の段階からサポートしてくれる総合相談窓口です。

 

迷ったときになんでも相談できるコンシェルジュサービスがあると、問い合わせのときも安心ですね!事業所選びで迷ったときも気軽に問い合わせてみましょう!

 

詳しくは「就労移行支援の選び方について」の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

CASTビジネスアカデミーのメリット・デメリット

 

続いて、CASTビジネスアカデミーのメリット・デメリットを紹介します。

 

一見デメリットに見えることでも、自分にとってはメリットかもしれません。自分にとってどうなのかをチェックしてみてください。

メリット1.オフィスワークを体験できる

オフィスをリアルに再現した環境は、内部もきちんとオフィスワーク仕様になっています実際の仕事をする感覚をつかめるワーキングルームやミーティングルーム、相談室があります。

 

デスクの配置も実際のオフィスと変わりありません。上司席があり、そこに座った事業所スタッフが利用者の上司役を務めます。

 

実際にオフィスで働くのと同じような環境でトレーニングできることは、CASTビジネスアカデミーの大きなメリットです。トレーニングの段階で、就職したときと近い状況に慣れることができるでしょう。

 

もちろん、オフィスワークのスキルを身に付けるためのPC環境も充実しています。用意されている設備は、デスクトップ型21台とノート型5台の合計26台のPCとiPad2台です。

メリット2.工賃が発生するリアルな仕事体験

CASTビジネスアカデミーでは、実戦主義の実務訓練を行っています。提携企業から業務を受注するため、訓練用のプログラムと違って責任が伴います。

 

ミスがないように気を付けたり納期を守ったりなど、実際の仕事として気を付けなければならない点をリアルに学べるのは大きなメリットです。

 

また、提携企業の実際の仕事ですので、作業量に応じて工賃が支払われます。その点も、対価に応じた責任が発生することの学びにつながるでしょう。

メリット3.自己管理力・社会性が身につく

実際のオフィスと変わらない環境で訓練することで、自己管理力や社会性を身に付けられます。

 

リアルな環境で実際の仕事を行うことで、どのような状況でどのようなストレスがかかるのか実感できるでしょう。

 

訓練を続けていれば、ストレスに対する対応方法を考えたりストレスにならない状況を作ったりするなど、自分なりのストレス管理ができるようになります。

 

加えて、オフィス環境のなかで、職場で求められるコミュニケーションスキルを学ぶことも可能です。実務で体感しながら学べるため、しっかりとした社会性が身に付きます。

デメリット1.事業所選びに迷う

すいせいの運営する事業所は、神戸市内に3つと明石市に1つです。神戸市内には複数の事業所がありますが、それぞれの特徴が異なるため事業所選びには迷うかもしれません。

 

学べることや得意とすることが異なるため、事業所の近さだけでは選べないことがかえって選択を難しくしています。

 

すいせいコンシェルジュサービスを利用して、事業所選びの相談に乗ってもらいましょう。

 

詳しくは「就労移行支援の選び方について」の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

デメリット2.明確な就職目標が必要

環境も訓練内容もオフィスワークに合わせてあるため、オフィスワークでの就職を目指す人にとってはベストな事業所だといえるでしょう。

 

その反面、オフィスワーク以外の仕事に就きたいと思ったときは、通う目的を見失ってしまうかもしれません。そのため、事業所を選ぶ段階から、明確な就職目標が必要です。

 

ライン作業などで体を動かすアクティブワークに関しては、垂水区のJOBridge(ジョブリッジ)がおすすめです。

 

事業所がオフィスワーク特化型なので、オフィスワークで就職したいという強い意志があるかが重要ですね。オフィスワークを目指す人にとってはとてもよい環境です。

事例から見るCASTビジネスアカデミーの評判

 

実際のところ、CASTビジネスアカデミーの評判はどうなのでしょうか。すいせいサイト内に掲載された利用者の声から、CASTビジネスアカデミーの評判を見てみましょう。

 

利用者の声では、以下のような意見がありました。

“『自分は何もできない人間ではない』という考えが持てました。自分の得意・不得意なものは何か、自分はどういう人間なのか。それらを十分に理解し、受け止め、分析し、改善することで、生活や自身にも良い変化がありました。

 

「すいせいを利用して一番よかったことはなんですか?」という問いに対しては、以下の回答が印象的です。

“スキルアップや自己分析に加え、最も良かったのは『自己肯定感を得られたこと』。自分自身を客観的に見据え、受け止めた上で行動するために必要なもの、『生きやすさ』の根源だと思います。“

 

また、採用した企業からは、以下のようなコメントがありました。

“社会福祉法人すいせい支援者の方は障害特性やその対応について、入社前にしっかりと説明を行ってくれるため、障害者本人のことを知った上で雇用することができました。

また入社後の定着支援もしっかりとしているので、安心して採用することができました。“

 

サイト内コンテンツのため純粋な評判とはいえないかもしれませんが、CASTビジネスアカデミーの評判はおおむね良さそうです。

すいせいのサイトには、利用者の声がたくさん掲載されていて参考になります!

保護者・ご家族の方からの声もあるので、あわせて参考にしてみてください!

すいせいの事業所一覧

 

CASTビジネスアカデミーを運営している社会福祉法人すいせいは、全部で4つの就労移行支援事業所を展開しています。

神戸市西区 CASTビジネスアカデミー 神戸市西区学園西町1-1-1

ユニバープラザ3F

神戸市垂水区 JOBridge(ジョブリッジ) 神戸市垂水区山手7-7-1
Free-biz(フリービズ) 神戸市垂水区御霊町6-10
明石市 EnTryエントリー 明石市天文町2-3-25 3F

就労継続支援B型は以下の2つを運営しており、Free-biz(フリービズ)はB型事業所のワークス垂水を併設しています。

神戸市垂水区 cafe iiyo 神戸市垂水区陸ノ町7-16
神戸市垂水区 ワークス垂水 神戸市垂水区御霊町6-10

 

EnTry(エントリー)以外は神戸市にあるため、3つの事業所を全部見学してみるのもよいですね。事業所を選ぶときは、実際の雰囲気が自分に合うかどうかがとても重要です!

 

詳しくは「就労移行支援の見学について」の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

よくある質問

Q.どんな方が利用していますか?

 

利用人数:一日20人前後

男女比:男性54%:女性46%

年齢層:20~40代

 

Q.工賃はもらえますか?

訓練として、実際に受注した作業を行います。作業内容・作業量に応じた工賃をお支払いたします。

 

Q.2年間で必ず就職できますか?

9割以上の方は2年以内に就職されていますが、体調が悪化するなど、就職に至らない方もおられます。すいせいでは二年間で支援を終了することはしておらず、多くの場合様々な形でサポートを続けさせていただいています。

 

詳しくは「就労移行支援の期間について」の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

 

Q.送迎はありますか?車で通えますか?

送迎は行っておりません。駐車・駐輪スペースはございません。公共交通機関を利用して、模擬的な通勤をすることも訓練の一部になります。

 

Q.昼食は出ますか?

昼食の提供はしていません。お弁当などをご用意ください。

 

Q.どのような職業が適しているのかわかりません。

職業を選択するとき、ご自身の興味や特性等から、選択のはばが極端に狭くなってしまうこと、逆にたくさんの中から絞ることがうまくいかないというご相談はよくお聞きします。

 

すいせいでは、利用されている方からのヒヤリング、普段の職業訓練の様子、企業での実習等を通じて、利用者の方が、長期間に渡って働くことのできる職業選択を支援いたします。

 

Q.健康面での不安があるため、すぐに就職することは考えていません。そんな場合でも利用できますか。

はい、可能です。就労までのステップはその方を取り巻く様々な状況・環境からの影響を受けますので、本当に人それぞれです。

 

すいせいでは、利用開始前に、相談、体験等によって、利用を希望される方にもペースを確認していただき、利用サービスの選択や頻度の調整を行います。毎日来所することが難しい方向けのサービスも提供しておりますので、ぜひご相談ください。

 

Q.就職して、利用を終了したあとでも相談をすることはできますか。

はい、可能です。多くの方が働き始めたあとの相談、生活面での相談をされています。

 

また、すいせいでは利用を終了された方のためのOB・OG会を定期的に実施しており、同じように働く仲間からアドバイスを聞くことができる機会にしていただいています。

 

すいせいにはなんでも相談できるコンシェルジュがいますので、よくある質問で解決できないことは気軽に相談してみましょう。

まとめ

 

CASTビジネスアカデミーはオフィスワークに特化した事業所です。オフィスに通勤する感覚で通所でき、実践を通してオフィスワークのスキルを身に付けられます。

 

目指す仕事がはっきりしている人には理想的な環境ですが、やりたい仕事に迷いがある人には向いていない事業所かもしれません。自分が将来的にどういった仕事をしたいかをしっかり考えておきましょう。

 

また、事業所の特徴が自分に合うと思えても、見学に行って実際の雰囲気を確かめておくことをおすすめします。通いやすいかの判断も含め、最終的には自分の目で事業所を判断しましょう。

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪エリアで事業所を探していてる方に向けて、大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア天王寺」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー