#main-contents

【IT業界に強い】就労移行支援フロンティアリンクの評判とは

ディーキャリア天王寺

 

こんにちは。今回はIT業界への就職に強い就労移行支援フロンティアリンクについて紹介していきたいと思います。

障害を持っている方の中でIT業界の仕事に就きたいという方もいるでしょう。現代ではITがないと経済が回らない根幹の部分なので、それを仕事にすると生活も安定します。

 

しかし障害のせいでなかなかIT業界への就職が上手くいかないという人もいるでしょう。そんな方にIT業界への就職に強い就労移行支援サービスフロンティアリンクがおすすめです。

 

では就労移行支援フロンティアリンクがどういったサービスなのか、評判やメリットなど徹底的に紹介していきます。

 

無料見学の流れも紹介しているので、フロンティアリンクを利用してみたい方は参考にしてください。

 

就労移行支援フロンティアリンクの評判を紹介

 

就労移行支援フロンティアリンクの評判をまとめたものがこちらです。

  • ITスキルを効率的に学べた
  • 就職の支援もあったので助かった
  • 動画で勉強できるから自分のペースでできる
  • 難易度が初心者向けだった

ではフロンティアリンクの評判を3つ紹介していきます。

 

評判1.発達障害の特性を活かせた

私は発達障害を持っているのですが、その特性を生かせるIT業界への就職を希望していました。その時にフロンティアリンクに出会い、自分にぴったりだと思い利用することを決意したのです。

 

実際に利用してみると、プログラミングなどの座学だけでなく実践形式の訓練もあってとても良かったです。

 

また、フロンティアリンクでは就職活動のサポートもしてもらえたので助かりました。

 

詳しくは「大人の発達障害について」の記事を参考にしてください。

評判2.ITスキルが向上した

IT業界に就職すべく独学でプログラミングを勉強していましたが、フロンティアリンクに通ってからは効率的に学べました。

 

その後はデザインやイラストレーターなどスキルの幅を広げられたのが非常に良かったです。

 

詳しくは「就労移行支援のWebデザインについて」の記事を参考にしてください。

評判3.自分のペースで利用できるから精神的に楽

フロンティアリンクでは動画でIT関係の勉強ができるので、自分のペースで勉強できました。動画の内容も非常に丁寧に解説されていたので理解しやすかったです。

 

ただ動画の内容がより初心者向けの内容でした。もう少し難易度の高い勉強ができたら良かったのにと思うところもあります。

 

フロンティアリンクではITスキルを効率的に学べるようですね。より早くスキルを身に付けたい方にはぴったりでしょう。

就労移行支援フロンティアリンクのメリット

就労移行支援フロンティアリンクを利用するメリットは以下の通りです。

  • ITスキルを磨ける
  • 在宅勤務の支援を受けられる
  • 訓練を受けながら報酬をもらえる
  • 精神的なケアも受けられる

ではこの4つのメリットについて見ていきましょう。

 

メリット1.ITスキルを磨ける

就労移行支援フロンティアリンクはITスキルの向上に特化しています。

 

ITスキルは身に付けておいて損のないスキルの一つです。例えば事務職などさまざまな職種で生かすことができます。しかしITスキルは内容が難しいことが多いので、独学では行き詰りやすいです。

 

一人で勉強することに限界を感じている人は、フロンティアリンクを利用してみるのも良いでしょう。

 

そしてフロンティアリンクでは例えば以下のスキルを習得できます。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Access
  • マクロ
  • VBA

初歩的なWordやExcelからプログラミングで必要なJavaScriptも勉強できます。

 

さらに、タイピングやメールを送り方など、超初歩的なことから始めることもできるのでITの知識がない人でも安心です。

 

詳しくは「就労移行支援のITについて」の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

メリット2.在宅就労の支援を受けられる

就労移行支援フロンティアリンクでは会社への就職だけでなく、在宅就労の支援も行っています。近年テレワークなどの在宅勤務がIT業界において定着しつつあるので、自宅で働きたいという方もいるでしょう。

 

就労移行支援フロンティアリンクは「株式会社ウチらめっちゃ細かいんで(めちゃコマ)」をグループ会社として有しています。

 

めちゃコマは全従業員が在宅で働いているので、在宅勤務に関するノウハウが優秀です。

 

そのノウハウをフロンティアリンクで学べるので、特に在宅勤務を目指す方に向いています。

メリット3.プログラムによっては報酬を得られる

就労移行支援フロンティアリンクにはITスキルを学べるプログラムがあります。そのプログラムをこなしていくことでスキルを学べる仕組みです。そのプログラムの中にはホームページ作成など報酬が発生する案件もあります。

 

仕事をすることで報酬をもらえるので働く感覚が身につくでしょう。より実践に近い勉強をしたい方にぴったりです。

 

メリット4.メンタルケアを受けられる

就労移行支援フロンティアリンクではメンタルのプログラムもあります。障害を持っている方はメンタルの不調で仕事に集中できない、集中しすぎるという問題が発生することがあります。

 

メンタルに異常が起こればこのような問題がありますが、逆にそれさえ乗り越えられれば健常者と同じように働けるでしょう。

 

そのメンタルの保ち方についてもフロンティアリンクで教えてもらえます。

 

しかも株式会社めちゃコマなど外部の専門家によるノウハウを用いたメンタルケアプログラムなので精度が高いです。

 

今までメンタルの不調で順調に進まなかったという方は、フロンティアリンクでメンタルとの付き合い方を学ぶのも良いでしょう。

 

フロンティアリンクではITに特化していますが、メンタルケアも受けられます。障害者はメンタルが原因で働けないこともあるので安心ですね。

就労移行支援フロンティアリンクを利用する時の注意点

 

就労移行支援フロンティアリンクはIT系に特化しているので、IT業界の就職には強いです。ただIT以外の分野については学べることが少ないのであまり向いていません。

 

もし発達障害を持っていて、IT業界以外への就職を希望するなら「ディーキャリア」がおすすめです。

 

ディーキャリアでは発達障害を持つ人が自分らしく働けるようにサポートしてくれます。発達障害を持っていて仕事や就職活動がなかなかうまくいかない方にぴったりです。

 

ちなみにディーキャリアでは無料見学会を行っているので気になる方は申し込んでみるのも良いでしょう。


ディーキャリアについて知りたい方はこちら
【最新情報】ディーキャリアの評判・口コミまとめ【発達障害特化】

フロンティアリンクはIT業界には強いですが、その他の職種には弱いので気を付けておきましょうね。

就労移行支援フロンティアリンクの利用方法

 

就労移行支援フロンティアリンクの無料体験を利用する手順はこちらです。

  • 電話で相談したうえで体験会の予約をする
  • お近くのキャリアセンターに行って見学・体験をする
  • 利用申請の手続きをしてサービスの利用を開始する

フロンティアリンクの無料体験を受けるには、電話以外に問い合わせフォームからでも可能です。

 

この時点でプログラム内容や自分でも本当にできるのかなど、不安なことがあるなら聞いておきましょう。

上記の連絡先で予約を済ませたら、次に予約した日に事業所に行きましょう。大阪の事業所は以下の場所にあります。

〒550-0015 大阪市西区南堀江1-21-4 JSビル8F

ちなみにフロンティアリンクは北海道から福岡まで10か所以上あります。大阪以外の利用を考えている方はフロンティアリンクのホームページで確認しましょう。

 

そして事業所に行くと見学会を受けることができます。そこでフロンティアリンクを利用したいとなったら、手続きを行ってサービスの利用が開始します。

 

手続きは最低でも1~2カ月必要になるので、利用を考えている人はできるだけ早く申請しておきましょう。

 

詳しくは「就労移行支援の手続きについて」の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

フロンティアリンクの2つの利用形態

就労移行支援のフロンティアリンクでは通所型と在宅型があります。それぞれの特徴がこちらです。

 

通所型

  • 週4~5日を目安に通う
  • 開所日は月~金曜日
  • 利用時間は9:30~15:30

在宅型

  • オンライン上でマンツーマン指導を受けられる
  • 利用時間は9:30~15:30
  • お住まいの市区町村の許可が必要
  • 最低1回は事業所に通所する必要がある

 

通所型の場合は生活のリズムが整うメリットがあります。一方、在宅型は自宅なので楽だというメリットがありますが、手続きが必要になるので少し手間です。

 

会社に勤めることを目標にしているなら通所型、在宅勤務を目指しているなら在宅型にすると良いでしょう。

 

詳しくは「就労移行支援の在宅について」の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

フロンティアリンクの2つのコースを紹介

フロンティアリンクではAとBの2種類のコースがあります。それぞれの特徴はこちらです。

 

Aコース

  • IT・WEBエンジニア向け
  • ホームページやスマホアプリの作成をしたい人におすすめ
  • HTML/CSS/JavaScript/PHPなどを学べる

Bコース

  • パソコンの操作を覚えたい人向け
  • 事務職などパソコンを操作する仕事に就きたい人におすすめ
  • Word/Excel/PowerPoint/Access/マクロ/VBAなどを学べる

 

それぞれのコースで学べるスキルが異なります。ただAコースとBコースで共通して学べることもあります。

 

共通して学べること

  • タッチタイピング・メール・SNSなど初歩的なパソコンの操作
  • ビジネスマナー・履歴書の書き方・面接練習・企業訪問
  • 定期的な職場訪問とヒアリング・体調に関する相談

 

基礎的な部分は変わらないので、ITスキルを専門的に身に付けたいか、ある程度のレベルで良いのかでコースを選ぶと良いでしょう。

 

1日の流れを紹介

フロンティアリンクの1日の流れはこちらです。

  • 9:30~14:00の間に事業所に通所する
  • 学習や実習、体調のヒアリングなど1日の予定を決める
  • 予定通りにマンツーマンで学習や実習を行う
  • 帰宅前に1日の内容を振り返る
  • 12:00~15:30の間で帰宅する

 

比較的自由度が高いので利用しやすいですね。これならブランクがある人でも利用できるでしょう。

まとめ

就労移行支援フロンティアリンク評判はこちらです。

  • ITスキルを効率的に学べた
  • 就職の支援もあったので助かった
  • 動画で勉強できるから自分のペースでできる
  • 難易度が初心者向けだった

 

基本的に良い評判が多かったです。特にITスキルの向上を目指している方は満足しているようでした。そのためフロンティアリンクは以下の特徴を持つ人に向いています。

  • ITスキルを身に付けたい人
  • IT業界への就職を希望する人
  • 在宅勤務を目指している

 

このようにフロンティアリンクはIT業界へのサポートに徹底しています。ただその他の職業に就職したい方には向いていません。

 

IT業界以外への就職を目指している場合は発達障害を持っている人の就職をサポートするディーキャリアがおすすめです。

 

ディーキャリアでもフロンティアリンク同様に無料体験を行っています。気になる方は無料体で話だけでも聞いてみるのも良いでしょう。


ディーキャリアについて知りたい方はこちら
【最新情報】ディーキャリアの評判・口コミまとめ【発達障害特化】

大阪エリアで就労移行支援事業所を探されている方へ

大阪エリアで事業所を探していてる方に向けて、大阪府でおすすめの就労移行支援事業所を分かりやすくまとめています!こちらも合わせて読んで、自分にピッタリの事業所を探してみてください。

 

例えば、当サイトがおすすめする「ディーキャリア天王寺」は発達障害に特化した事業所で、就職後の定着率は97.2%と圧倒的です。また、就職のためのサポートはもちろん、このようなプライベートにおけるサポートも充実しています。

 

無料相談も行っているので、気になる方は公式ホームページをご覧ください。

 
カテゴリー

大阪府の就労移行支援事業所ランキング

  • ディーキャリア

    職場定着率97.2%!長期で働くために就職後のサポートまで徹底的に行っている、当サイトいち押しの事業所です。とくに発達障害のある方に対するカリキュラムが充実しており、利用者の目標を実現するためのサポートが充実しています。

    ディーキャリア
  • リタリコワークス

    全国約80ヶ所で、累計8000名以上の就職を実現!多種多様な選択肢の中から自分にあった事業所を見つけられる、業界大手の事業所です。企業でのインターン先も数多くあります。

    リタリコワークス
  • ウェルビー

    "未経験職種"を希望した70%以上の方が就職に成功!新たなチャレンジをしたい方にオススメの事業所です。リアルな就職体験の提供をモットーにしています。

    ウェルビー